原発継続表明へ。菅直人さん @mainichijpnews

菅直人首相=国会内で2011年5月20日、藤井太郎撮影

菅直人首相=国会内で2011年5月20日、藤井太郎撮影

菅直人首相が26、27日にフランス・ドービルで開かれる主要国首脳会議(G8サミット)で行うエネルギー政策に関する発言の概要が20日、分かった
東京電力福島第1原発事故を受け、太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及を推進するなど4本柱で構成
原発の安全性を向上させたうえで継続利用する方針を示し、日本が「脱原発」に転じたとの見方を払拭(ふっしょく)する

発言は26日昼(日本時間同夜)のG8のワーキングランチの冒頭で行われる
4本柱は(1)原子力の安全性向上(2)再生可能エネルギーの推進(3)石油、石炭など化石燃料の二酸化炭素(CO2)排出量削減(4)省エネ・節電
特に再生可能エネルギーを基幹エネルギーに加える方針を強調する
化石燃料のCO2排出量については、日本は石炭をガス化するなど最先端の削減技術を持つため、普及を促進する
【大貫智子】

毎日新聞2011年5月21日2時33分

菅首相:G8演説で「原発継続」表明へ – 毎日jp(毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です