御せないもの、売る資格ナシ。東電 @yomiurionline

東京電力は23日、福島第一原子力発電所2、3号機について、地震発生直後の原子炉の各種データをもとに解析を進めた結果、1号機と同様に核燃料がメルトダウン(炉心溶融)していたとする報告書をまとめた

経済産業省原子力安全・保安院に提出する

報告書では、2、3号機について
〈1〉炉内の水位が水位計の表示通りだった
〈2〉水位計のデータは信頼できず、1号機と同じ様に核燃料が全露出している
――の二つのケースに分けて、模擬計算を行い、結果を示した。それによると、いずれの場合にも核燃料が溶融して、原子炉圧力容器底部に崩落した状態になっていると評価
特に、水位計が故障しているケースでは、核燃料全体が溶融して、崩壊しているとした

最終更新:5月24日(火)3時3分

2・3号機も炉心溶融…地震直後のデータ解析 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です