二十の扉 – Wikipedia

ルール [編集]

レギュラー解答者4人に週替わりのゲスト解答者1人を含めた5人の解答者と司会者である藤倉との質疑応答形式で進められる
「動物」「植物」「鉱物」のいずれかのジャンルに分けられ、藤倉から出題される
その際に解答者の席から見えないところに正解の書かれたポスターが張り出され、会場内の観客に知らされた
また、聴取者にも出題時に「影の声」から答えが放送される
解答者は「それは……ですか?」と藤倉に質問を行い、それに対する藤倉の返答をヒントにして20問の質問を行い正解を導き出さなくてはならない

例えば、「犬」が正解の場合には出題時に「“動物”です」と解答者に告げられる
ここからその動物が何であるか藤倉との質疑応答で推理していき、20問以内に「犬」という答えを出せば良い

観客・視聴者の反応 [編集]

解答者が正解を導き出せそうな質問をすると観客から拍手が起こることもあったが、惜しい答えが出されたり正解から遠ざかる質問が出されたりすると観客からため息が漏れることもあった
解答者にとっては藤倉からの返答のほかにも、こうした観客の反応が暗黙の“ヒント”になっていた

すでに答えを知っている観客や聴取者にとっては解答者がどのように答えを導き出していくか、誰が正解を出すかなどという過程を見たり聞いたりする楽しみもあった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です