コメント引用の厳格なルール @gendai_biz

注意すべきポイントは具体的に何か
上記の『プラクティス・オブ・ジャーナリズム』のほか、メルビン・メンチャー著『ニューズ・リポーティング&ライティング』を参考にすると、次のようになる

1)引用の一部カット
引用するコメントの中間部分を数語削るだけなら3点「・・・」で示し、文章をまるごと削るなら4点「・・・・」で示す
例えば「民主党は雇用最優先と言いながら成長戦略を示していない」から「雇用最優先と言いながら」を削るとしよう
すると「民主党は・・・成長戦略を示していない」となる

2)誤った文法、隠語、不快用語などの引用
本質的に意味があるならば、直接引用して構わない
引用に手を加えてはならない
文法の誤りをそのまま引用する場合は「発言のまま」などと注記して対応する
記事にできない不快用語などについては、表現を変えたうえで記者が地の文で書く

3)直接引用する範囲
実際に本人が言ったり書いたりした事以外を引用の中に加えてはならない
例えば、コメント中に「アルキロコス」という言葉が出てきても、勝手に「ギリシャの詩人アルキロコス」と枕ことばを付け加えてはならない
カギかっこの外に出すなどして記者が地の文で書く

以上がアメリカ新聞界で通用するルールだ(新聞界に限らず、書籍も含めアメリカ出版界全体で通用するルールでもある)

「コメントは編集」が当たり前の日本とは大違い  アメリカで活躍する専門家集団「ファクトチェッカー」 取材ノートやテープも取り寄せ事実をチェック | 牧野洋の「ジャーナリズムは死んだか」 | 現代ビジネス [講談社]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です