「事故は人災。現経営陣は再任できない」 @asahi

株主総会での議案の賛否を投資家にアドバイスする国内の大手助言機関が17日、東京電力の28日の株主総会で、脱原発を訴える株主提案に賛成し、東電提案の役員選任議案には反対する助言案をまとめた
東電福島第一原発事故を受け、原発を持つことのリスクを重くみた

助言案をまとめたのは、民間の日本プロクシーガバナンス研究所(JPG)
機関投資家や個人投資家に助言する
株主提案は、古い原発から順に停止・廃炉、原発の新・増設は行わない、の2点を定款に入れるよう求めた
JPGの吉岡洋二所長は賛成を助言する理由を「原発事業は一民間会社が続けるにはリスクが大きすぎる」と話す

今回の株主提案の可決には、出席株主の議決権の3分の2の賛成が必要
ハードルは高いが、そもそも電力会社の総会で会社の方針に反する助言が出ること自体、異例だ

asahi.com(朝日新聞社):東電の役員再任に反対、脱原発賛成 株主助言機関が決定 – 東日本大震災

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です