子どもの内部被ばく検査、福島で。@FKSminpo

政府は、東京電力福島第一原発事故による県内の子どもの内部被ばく量を把握するため、国内にある100台以上の測定機器「ホールボディカウンター」を全面的に活用する
さらに、米国から5台を購入し、県内に優先的に配置する方針
放射線量の高い地域の0~5歳から先行して検査を始め、長期的に健康状態を追跡していく
県内では福島医大に1台あるだけで、検査態勢の充実が課題となっていた
11日、福島市で記者会見した政府の原子力災害現地対策本部長の田嶋要経産政務官(衆院千葉1区)が明らかにした

ホールボディカウンターは体内の放射性物質を調べる測定機器で、放射線医学総合研究所(千葉市)に2台、広島大(広島県東広島市)と長崎大(長崎市)に1台ずつある
茨城県の研究機関や全国の公立病院、国立大学、研究機関、電力会社なども所有しており、田嶋政務官によると、総数は100台を超えるという

政府は県内の乳幼児以上の子どもたちに各施設に分散して検査を受けてもらう態勢を整える
県外に避難している場合、避難先に近い施設で優先的に検査を受けられるようにすることも検討する

さらに、約1億8000万円の予算を投じて米国から5台を購入し、県内の医療機関などに優先的に配備することを想定している
県内では福島医大に1台配備されているだけ
検査人数は1日10人程度に限られるため、原発事故を受け、県は国に配備を求めてきた
実現すれば検査態勢が大幅に向上するviaminpo.jp

福島民報:福島県の新聞社:ニュース|福島のニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です