「低い声で、ゆっくりと、笑顔をまじえ、リラックスさせ」 暴言と知性について http://goo.gl/K82Ek

自分の言葉を差し出すときに、相手にそれをほんとうに聞き届けて欲しいと思ったら、私たちはそれにふさわしい言葉を選ぶ
話が複雑で、込み入ったものであり、相手がそれを理解するのに集中力が必要である場合に、私たちはふつうどうやって、相手の知性のパフォーマンを高めるかを配慮する
たいていは、低い声で、ゆっくりと、笑顔をまじえ、相手をリラックスさせ、相手のペースに合わせて、相手が話にちゃんとついてきているかどうかを慎重に点検しながら、しだいに話を複雑な方向にじりじりと進めてゆく

怒鳴りつけられたり、恫喝を加えられたりされると、知性の活動が好調になるという人間は存在しない

暴言と知性について (内田樹の研究室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です