「しかし、安全委事務局は、審査に根拠がないことを認めた」 http://goo.gl/7PbwC

2011年8月3日(水)22時25分配信 共同通信

原発の新設や、既設原発の設備を変更する際の安全審査で、国側が30年以上、根拠の定かでない基準を当てはめて審査していたことが、3日に開かれた原子力安全委員会の小委員会で明らかになった
福島第1原発の電源喪失について、電力会社側は電源が30分間喪失しても安全を確保できるとする審査の申請書を提出、国はそのまま通していた
しかし、安全委事務局は、審査に根拠がないことを認めた

原発安全審査、根拠不明の基準 – 速報:@niftyニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です