「AppStoreのランキングを見ても…もうちっちゃい会社じゃ駄目なんでしょうか?」 http://goo.gl/LMa4J

コナミがソーシャルゲームで大きく成功しているというニュースもあるなど、これまでベンチャーが牽引してきたソーシャルゲーム市場でも次々に資本力に勝る大手が参入し市場を席巻しつつあります
ベンチャーではもうダメなのか、そんな声を代弁するようなセッションが「グリープラットフォームカンファレンス2011」にて行われました

【関連画像】

モデレーターを務める東京芸者エンターテインメントの田中泰生氏
パネリストにはセガで『Kingdom Conquest』を担当する椎野真光氏、アドウェイズで『カイブツクロニクル』を担当する桑田一生氏、スクウェア・エニックスで『ケイオスリングス』などを担当する安藤武博氏の3人

モデレーターの田中氏は冒頭「AppStoreのランキングを見ても、売上上位はスクエニ、セガ、アドウェイズ、グリー、、、と大きな会社ばかりで夢が無くなった
もうちっちゃい会社じゃ駄目なんでしょうか?」と問い掛けます

これに対して大手のセガ椎野氏は「『Kingdom Conquest』には小さなオンラインゲーム一本分くらいの予算をかけています
ウチみたいな大きな会社は動きが遅いので、一発一発で勝負しないといけないので」と返答
ベンチャーと大手の投資スタイルの違いが今のところの結果を生んでいることを示唆しました

ぶっちゃけトークを連発する田中氏は「大したゲームじゃない『カイブツクロニクル』をヒットさせているアドウェイズさんにはマジックがあるのではないか?」と質問

対するアドウェイズ桑田氏の言葉は「おっしゃる通りでガラケーっぽいゲームで、何故売れたかは正直分かっていません
自分はブリザードのディアブロが好きで、ああいうシンプルな感じの面白さをどう表現しようかと考えました
スマホは社会人が多いので、ファミコンの時のような楽しさを落とし込めれば、運とタイミングで成功する可能性もあるんじゃないでしょうか
」ということでした

『Kingdom Conquest』はかなりの予算がかかっているとのことでしたが、『カイブツクロニクル』は10人くらいのメンバーで4~5ヶ月、ただし中国なので1000万円程度の投資だったそうです
これに対して売上は、ということ、「『Kingdom Conquest』は日商最高が600~700万円
うち日本は6~7割を占めています」(椎野氏)、「以前TechCrunchが記事タイトルで最高額を載せていますが(=200万円)、それが最近はアベレージで出ている」(桑田氏)とのことでした

どうやら200~300万円を売り上げれば、日本のAppStoreでは1位を獲得できるようです

両タイトルは基本無料タイトル(Free 2 Play)ですが、売り切りタイトルを中心に展開しているスクウェア・エニックスはどうでしょうか

「ウチのタイトルは高いのですが、売り切りでここまで値段が付けられるのはスクエニさんだけだとアップルにも言われました
といっても、携帯ゲーム機で5000円で売るタイトルが1800円とかなので決して安く売ってるわけではありません
良い物を100円で売ればお客さんは嬉しいでしょうが、未来が無いと思っているので、敢えてそうしています
ただし、基本無料のタイトルの可能性も十分認識していて、現在そうしたタイトルも開発中です」(安藤氏)

ユーザー獲得の面ではいかがでしょうか? どのタイトルもAppStoreの上位にいると、そこからの誘導が獲得の柱になっていくよã

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です