狙われてるなら、なお慎重に。 / 「脱原発と反TPPが、記者クラブと官僚の機嫌を損ねていたことは確かだ」 @tanakaryusaku

鉢呂経産相辞任記者クラブに言葉狩りされて

辞任会見する鉢呂経産相
よほど無念なのだろうか
表情はうつろだった
(10日夜、経産省記者会見室
写真:筆者撮影)

「藪の中」とはこのことである
鉢呂吉雄経産相を辞任に追い込んだ「放射能すりつけてやる発言」
10日夕の緊急記者会見で鉢呂氏は「そんなことを発言したという確信を持っていない」と否定した

件の発言はオフレコ懇談会の中で出たものだ
鉢呂氏は「記者さんがたくさんいたものだから誰に言ったのかも覚えていない」とした上で「聞くのが専門の記者さんだから…」と皮肉を込めている

オフレコ懇は日本の記者クラブ特有のものだ
出席できるのは、クラブ詰の記者だけである
極端な話、記者全員が一致団結して大臣のコメントを捏造することさえ可能だ
本来オフレコのはずの、それも真偽の定かでない発言が表に出てきたのが不思議である
今回、経産省記者クラブが全社一致したのか
それを知ることはできないが、発言をめぐって鉢呂氏は「定かに記憶していない」としている

鉢呂氏は「言葉狩り」の犠牲者でもあった
「死の街発言は記者クラブによる言葉狩りではないか?」と筆者は質問した

鉢呂氏は次のように答え無念さをにじませた
「(発言の)前日、地元14の市町村長さんたちと話した・・・(中略)人っ子一人通らない
街並みがあるのに
こんな街は日本にはないという意味が、ああいう言葉(死の街)になった」
鉢呂氏の表情は『俺の真意ではないんだ』と語っていた

20キロ圏内や飯舘村は明らかに「死の街」である
福島に住む多くの人々は疎開したがっているのが現実だ
事態を率直に認めた鉢呂氏は評価されて然るべきではないか
脇が甘かったと言われればそれまでかもしれないが

大臣を辞任に追い込んだ記者クラブの面々は鼻高々だ
記者会見室には哄笑が響く
得意絶頂のあまりヤクザ言葉で鉢呂氏に答を迫る記者もいた
社名も名乗らずに無礼千万な態度で質問するのである
同業者として恥ずかしい

筆者はその記者をドヤシ付けてやった
後で名刺交換し社名を聞こうと思っていたが、輩は記者会見が終わるとソソクサと記者室に逃げ帰った
大手メディアの記者であることだけは確かなようだ

社会人としてもお粗末な連中だが、「藪の中のオフレコ懇」と「言葉狩り」で国務大臣の進退をも左右することが可能なのである
記者クラブが国を滅ぼすことを確信した会見だった

小沢一郎氏の例が物語るように記者クラブと官僚の目障りになる政治家は陥れられる
鉢呂氏の場合「脱原発と反TPP」が、記者クラブメディアと官僚の機嫌を損ねていたことは確かだ

鉢呂経産相辞任 記者クラブに言葉狩りされて – 田中龍作ジャーナル – BLOGOS(ブロゴス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です