ライスさんも、スマホに夢中。 @asahi

米国のライス国連大使が安全保障理事会の協議のさなか、スマートフォン(多機能携帯電話)の画面に見入っている姿を撮影された
激怒したライス氏は国連に苦情を申し入れた
撮影は禁じられていないものの、国連は27日、「節度ある取材」を記者会に呼びかけた

写真が撮影されたのは、「紛争予防」を協議していた22日午後
AFP通信のカメラマンが撮った写真では、ライス氏は手元の画面で、米国と緊張関係にあるイランのアフマディネジャド大統領の演説原稿を見ていた
安保理に先立つ国連総会の一般討論でのものだった

協議は公開で、記者は定められた位置から自由に写真を撮れた
国連幹部の一人は「撮影は問題ない
ライス大使は安保理の協議が終わってから読んでくれたらよかった
(イラン大統領の演説が)よほど気になっていたのだと思う」と話した
(ニューヨーク=春日芳晃)

asahi.com(朝日新聞社):米大使、安保理でスマホに夢中 イラン大統領の演説確認 – 国際

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です