ヤフトピ通信簿。 @unkotaberuno

日本でもっとも見られているニュースサイトといえば、ヤフー・ニュースで、そして、その中でも一日50~80本程度の記事が掲載されるコーナーである「ヤフー・トピックス」がその筆頭ともいえる存在でしょう

まさに日本のネットでどのニュースがもっとも読まれているかが分かるサイトですが、ヤフー・ニュースのアクセスランキングはここにあります

ここでは12日11:30現在のトップ5を紹介します

【1】実力の差は明白わが女子サッカー「日本の補欠に及ばず」=中国(サーチナ)
【2】衝撃…小向美奈子がAVに転身、スライム乳も局部も露に(サーチナ)
【3】ダルビッシュ見上げた金銭感覚と私生活(日刊ゲンダイ)
【4】フジ人気ドラマに「JAP18」の文字 「日本を侮蔑」とネットで大騒ぎ(J-CASTニュース)
【5】加護亜依昨年末からドタキャン連発、仕事実質ゼロだった(スポニチアネックス)

特徴は一目瞭然ですが、芸能とスポーツが強いです
20位までが同サイトでは掲載されていますが、芸能・スポーツネタが17記事ランクインしています
これがヤフー・ニュースも含めたネットニュース界隈(専門サイトは除く)の現状ですが、いったい、政治・経済・国際ニュースと芸能・スポーツニュースはどれほど違うのか?具体的な数字を知る方法を今回は書いてみます

まず、ヤフー・トピックスの枠の下の方にある「一覧」をクリックします
次に画面上方右側の「バックナンバー」をクリックします
次に画面上方の「アーカイブ」をクリックします

すると、日別のヤフー・トピックスに掲載された記事見出し(13.5文字以内)がズラリとジャンル別に並んだページが出てきます
ここで日にちを選びます
とりあえず、9月9日(金)を見てみましょう


具体的な数字をピックアップするためにまずは、右上の「この日のTSVをダウンロード」をクリックして下さい
「プログラムで開く」と「ファイルを保存する」の二つが出てきますが、「プログラムで開く」を選択します
すると、テキストファイルにビッシリと文字や数字やらが出てきます

次ページへ続く


そして、これを全コピーし、エクセルに貼り付けます
すると、あらま!左から「記事トピックス見出し」「ジャンル」「URL」「トピックスアップ時間」「トピックスから落とした時間」(この二つの数字、じっくり見ると面白いですよ!)「指数」があらわれます

最後の「指数」がアクセス数なのですが、1位の「紳助さん 組幹部との写真出る」(430900.88)と最下位(73位)「G7開幕 景気刺激策も焦点に」(2111.83)の大きな差が一目領然です
読みやすくするためには、「指数」はエクセル上で、小数点2ケタに統一すると良いでしょう

トップ5は以下の通り

  1. 紳助さん 組幹部との写真出る
    430900.88
  2. ノッチ「紳助社長に感謝」
    135143.25
  3. 辞任も考えた なでしこ監督
    118977.96
  4. 土砂ダム決壊を警戒 避難続く
    94053.25
  5. 「死の町」発言を撤回 経産相
    93323.08

ボトム5は以下の通り

  1. 4-6月GDP 年2.1%減に下方修正
    6724.71
  2. 地下鉄運転士2人から薬物反応
    6327.63
  3. パレスチナ問題 米拒否権明言
    5986.75
  4. 除染土壌 国有林を仮置き場に
    5423.58
  5. G7開幕 景気刺激策も焦点に
    2111.83

4位、5位は国内ニュースと政治ニュースですが、いずれもテレビでかなり長い時間をかけてOAされた「重大ニュース」です
ネットでは芸能・スポーツネタに加え、テレビで多く取り上げられたネタが人気のネタになるわけですね
ボトム5はアップされていた時間が短かったこともありますが、国際ニュースや真面目な経済ニュースは常にヤフー・トピックスではランキングが低くなる傾向にあります

さて、毎日このTSVファイルをダウンロードし、順番や傾向をみてみると、ネットで何がウケるのか?はおのずと分かってくることでしょう

普段、現場の状況まで目を配る余裕のない上司から「お前、アクセス数が少ないぞ!ウチのネタならばかなりアクセスされるはずなのに何をやっているのだ!」と言われてしまう担当者の場合、「こういったネタがやはりネットではウケるんです~」と上司に伝える根拠として、このファイルは使えます

マスのネットユーザーにすり寄るべく刹那的なアクセス増加を目指すか?それとも数は少ないもドンピシャなターゲットの人々に対し、自らが重要だと信じることを出し続けるか?ヤフー・トピックスのこの数字は、そうした判断をする場合の指標として便利かもしれません

中川淳一郎「ネットで人気ものになるネタの生まれ方!」バックナンバー

ヤフトピ掲載ニュース 1位~最下位の差を数字で一気に見る方法 | AdverTimes(アドタイ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です