「人生はうわべだけのパーティー、と考える彼は、真剣に人を愛したり、国を愛したり、人生に悩んだりすることを極端に嫌った」 ノエル・カワード

「人生はうわべだけのパーティー」と考える彼は、真剣に人を愛したり、真剣に国を愛したり、真剣に人生に悩んだりすることを極端に嫌った
シリアスな人生劇より、洗練された喜劇を好んだ

ノエル・カワード – Wikipedia

友人に「現代という時代が嫌いになった」と漏らしていた
晩年はスイスとバミューダを行き来する生活を楽しみ、イギリスへ戻らなかった
1973年、心臓麻痺で、バミューダの自宅で死去
ゲイであることから、一生独身だった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です