「新聞は、誰でもできる仕事でなければならない。その気になれば、誰でも始められるレベルの」 地方紙のこれから @levinassien

メディアにきわだった知性や批評性を求める人が多いが、私はそれはおかしいと思う
警察官や消防士にきわだった身体能力や推理能力や防災能力を求めるのがおかしいのと同じである
地域の治安や防災はもともと、その地域のフルメンバーであれば「誰でもが負担しなければならなかった、町内の仕事」であった
誰もが均等に負担すべき仕事であったということは、「誰でもできる仕事」でなければならないということである
組織のつくりかたが適切であれば、そこにかかわる個人の資質にでこぼこがあっても、治安や防災のような「それなしには共同体が成り立たない社会的装置」はきちんと稼働するのでなければならない
個人にきわだった身体能力や知性がなければ治安や防災の任に堪えないように作ってあるとすれば、それは制度設計そのものが間違っているのである
新聞記者も同じである
それは「誰でも基本的な訓練を受け、それなりの手間さえかければできる仕事」であるべきなのだ
新聞やテレビはこれからそういう方向にゆっくり「縮んでゆく」ことになると思う
事業規模が縮むということは、言い換えれば、「その気になれば、誰でも始められるレベルの仕事」になるということである

内田樹の研究室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です