「新聞は、 記者ひとり、読者千人くらいの「小商い」にもどればよい」 地方紙のこれから @levinassien

「広告媒体としての有用性」が崩れてきた以上、「縮小均衡」をめざすのであれば、もとの「小商い」に戻ればよい、と私は思う(ワルドマンさんもたぶんそう思っている)
記者ひとり、購読者千人くらいの規模なら、今でもたぶん「小商い」は成り立つはずである

内田樹の研究室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です