「組合員数130万人」 パルシステム生活協同組合連合会 – Wikipedia

パルシステム生活協同組合連合会(パルシステムせいかつきょうどうくみあいれんごうかい)は、東京都新宿区に主たる事務所をおく日本関東地方周辺の消費生活協同組合(消費生協)の連合会である
現在の加盟生協は10法人
加盟組合員総数約130万人

目次

 [非表示

概説 [編集]

同じ関東地方周辺の生活協同組合の連合会である「コープネット事業連合」が、各都道府県加入者1位の生活協同組合を中心にしているのに対して、各都道府県加入者2位の中堅生活協同組合を中心とした組織である
ただし、事業地域である栃木県に会員生協がなく、会員生協がある福島県と2007年8月加盟の生協がある静岡県を事業地域に含めている
「パルシステム」は英語のpal(友達、仲間)とsystem(制度)を組み合わせた造語である

最近は「パルシステムPB商品」と称する独自商品を多く販売している
一般のコープが主にスーパーとの競争のために低価格路線を追求するのに対して、パルシステム独自の基準に沿った添加物の少ない商品や減農薬・産直をコンセプトにしているのが特徴である

イメージキャラクターの牛「こんせんくん」を使ったテレビコマーシャルの放送やラッピング車両東武30000系電車東武伊勢崎線東京地下鉄半蔵門線東急田園都市線を走行する)を走らせるなど事業の宣伝をしている

インターネットによる注文システムにも力を入れており、「オンラインパル」と称するインターネット注文登録者は2011年3月末付けで、37万人となっている

沿革 [編集]

  • 1977年 – 「首都圏生活協同組合事業連絡会議」発足
  • 1987年 – 「首都圏コープ事業連合」に名称変更
  • 1990年2月9日 – 生活協同組合連合会首都圏コープ事業連合として法人改組
  • 2004年2月1日 – 牛をモチーフにした「こんせんくん」をキャラクターに設定し、「パルシステム」ブランドを強調した事業を開始する
  • 2005年9月 – 「パルシステム生活協同組合連合会」に名称変更

食の安全への取り組み [編集]

福島第一原子力発電所事故による放射性物質へのパルシステム対応方針には、「暫定規制値の見直しを政府に求めるとともに、できる商品群から自主基準を定めます」とあり、東北・関東産の食品を第三者機関に委託して調べている
自主検査の結果はウェブサイトにて公表している
[1]

加盟生協 [編集]

脚注 [編集]

  1. ^ 放射性物質の食品汚染への対応について

関連項目 [編集]

外部リンク [編集]

パルシステム生活協同組合連合会 – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です