「日本人の魂の源卿 沖縄久高島」

日本人の魂の源卿 沖縄久高島」 比嘉康雄 (2000)

「あまりえらくなってはいけない、普通であってほしい」

「旅する間は皆の夫だけど、浜で釣りをするようになると私の夫だよ」

今でも久高人の年配者の多くは、夢を信じ、魂の存在を信じている

あの世に行けない生きざまとは、生前他人に迷惑をかけた者、シマの価値観に従わない者、浮気をした者、神事を怠った者、神職を拒否した者である

守護力の根拠は愛護

カマドをかこむ者たちが家族である

魚介類採取時代が母親中心社会であり、護る者が母であった

・・・・・・・・・・

日本人の魂の原郷 沖縄久高島 (集英社新書)
比嘉 康雄 
集英社 
売り上げランキング: 56313

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です