「事故は…国や電力会社の安全神話を崩壊させたが、炉心溶融が起こると数万人が放射線で死亡するという危険神話も崩壊した」 @ikedanob

ちょっと宣伝めいて恐縮だが、今年から私の経営するアゴラ研究所ではGEPR(グローバル・エネルギー・ポリシー・リサーチ)というウェブサイトでエネルギー問題についての世界の研究を紹介することになった

その第1号の論文でオックスフォード大学のウェイド・アリソン名誉教授は次のように書いている

福島の原子力事故から8カ月の間、原子力問題に関する報道が数多く出ている
しかし放射線による死者は出ていない
これは大変興味深いことだ
通常は、これほどメディアの注目を集め続けるような大事故であれば、何十、何百どころか何千人もの死者が出ているものだ
[中略] 私たちは何か間違いを犯したのだろうか

 

科学より主婦の実感を信じる朝日新聞

たぶん誰かが勘違いしているのだろう
放射能による死者は1人も出ていないのに、その報道は2万人近い死者・行方不明を出した東日本大震災に劣らず大きい

特に過激な報道を続けているのは、朝日新聞である
10月から続いている「プロメテウスの罠」という連載は、毎日こんな記事が続く

東京都町田市の主婦、有馬理恵(39)のケース
6歳になる男の子が原発事故後、様子がおかしい
4カ月の間に鼻血が10回以上出た
30分近くも止まらず、シーツが真っ赤になった
近くの医師は「ただの鼻血です」と薬をくれた
[中略]

しかし、子どもにこんなことが起きるのは初めてのことだ
気持ちはすっきりしなかった
心配になって7月、知人から聞いてさいたま市の医師の肥田舜太郎(94)に電話した
肥田とは、JR北浦和駅近くの喫茶店で会った

「お母さん、落ち着いて」

席に着くと、まずそういわれた
肥田は、広島原爆でも同じような症状が起きていたことを話した
放射能の影響あったのなら、これからは放射能の対策をとればいい
有馬はそう考え、やっと落ち着いた

 

原発から約250キロ離れた町田市で子供が鼻血を出した原因が放射能であることは、現代の科学では考えられない
事実この記事も、後の方で申し訳のように「こうした症状が原発事故と関係があるかどうかは不明だ」と書いているが、全体としては「本当は関係があるのだが証明できない」と匂わせる印象操作だ

1
nextpage


previous page
2
nextpage

連日こういう主婦の非科学的な行動を紙面で伝える朝日新聞は「政府の線量基準は原子力村の御用学者の決めたものだから信用できない」とでも言いたいのだろうか

インタビューを捏造するNHK

NHKは原発事故報道では冷静な報道を行なったが、12月28日に放送された「追跡! 真相ファイル低線量被ばく・揺らぐ国際基準」という番組は、事実無根の捏造番組である

この番組でICRP(国際放射線防護委員会)のクレメンス科学事務局長は、NHKのインタビューに答えて「DDREF(線量・線量率効果係数)の数値についてだけでなく概念そのものについて、これが本当に今でも有効なのかどうかを検討している」と答えているのだが、字幕は「低線量のリスクを半分にしていることが本当に妥当なのか議論している」となっている

これは誤訳ではなく捏造である
ICRPは1990年の60号勧告で、DDREFとして「2」を採用した(健康被害の推定を線量に比例する値の2分の1にした)だけである
それをまるでICRPが健康被害のデータを改竄したかのように表現しているのは、意図的な放射能デマである

特にクレメンス氏が語っていないことを字幕に出したのは、かつてデータ捏造問題で打ち切りとなった番組「発掘! あるある大事典」と同じ悪質な捏造だ

NHKの番組はICRPの17人の委員のうち、13人が原子力産業の出身者であることを紹介して「原子力村」の政治的圧力を示唆する
これによってICRP勧告が緩和されたのなら面白い話だが、残念ながら事実は逆なのだ

1990年に出されたICRP60号勧告では、職業被曝は年50ミリシーベルト(Sv)から5年100ミリSvに、公衆被曝は年5ミリSvから1ミリSvに規制強化されたのである
まさか原子力産業が規制強化を求めたわけではあるまい

ニセ科学者を輸入した自由報道協会

マスコミがデマを流すのに対してネットメディアがチェック機能を果たすことが期待されたが、起こったことは逆だった
災害報道について最小限度の訓練も受けていない自称ジャーナリストが、未確認の放射能デマを流し続けた
その最大の発信源が「自由報道協会」(上杉隆代表)である

previous page
2
nextpage

PR


previous page
3

特に問題なのは、2011年7月にクリス・バズビーなる人物を日本に呼んで記者会見させたことだ
彼は「福島第一原発の100キロ圏内で癌の発生率が今後10年間で33%上昇し、10万人単位のがん患者が出る」と予告し、「日本政府は福島原発事故の影響をごまかすために福島から放射性物質を日本全国に輸送している」と主張した

バズビーの正体が暴かれたのは、高価なサプリメントを売っていることが明らかになってからだ
彼は放射線の影響から日本人を保護すると称して5800円のミネラルサプリや10800円の食品検査を売り込んでいる

彼を日本に招いてかつぎ回った岩上安身氏は、その後も横浜で福島から飛んできたストロンチウムが見つかったという誤報を流して批判を浴びた
極めつけは、12月4日に彼がツイッターで放ったこの「スクープ」である

お待たせしました
この二週間あまり、議論にもなっていた、福島の新生児の中から、先天的な異常を抱えて生まれて来たケースについてスペシャルリポート&インタビューします
スクープです
賛否はあるでしょうが、勇気あるカムアウトした当事者には温かいエールをお送りください

 

言うまでもないが、先天性異常は一定の確率で生まれてくる
ある奇形児が原発事故の放射線によるものかどうかは、疫学調査でその地域の奇形児の発生率が有意に高いことが証明されない限り分からない

さすがにこの「スクープ」には多くの人々から「福島県人を差別する事実誤認だ」と批判が殺到し、岩上氏はこのツイートを削除して謝罪した

福島第一原発事故は、従来は起こりえないとされてきた炉心溶融が起こったという点では国や電力会社の安全神話を崩壊させたが、炉心溶融が起こると数万人が放射線で死亡するという危険神話も崩壊した
放射能による人的被害は、今後とも考えられない

それに気づかないでいつまでも大騒ぎしてデマを流すメディアが、被災者の帰宅を妨げ、風評被害を拡大して2次災害を作り出しているのだ

今年はそろそろ頭を冷やして、現実を客観的に見てはどうだろうか
政府はこういうデマに惑わされないで、科学的な根拠にもとづいて被災者を帰宅させ、原状回復を急ぐべきである

メディアの大騒ぎが作り出す原発の「危険神話」 過剰報道が風評被害と2次災害を拡大する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です