「市のホームページをフェイスブックに移行。月に5万だった閲覧回数が半年で1500万に急増」武雄市 @asahi

佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長は27日、市職員全390人をインターネット上の交流サイト「フェイスブック」に登録させると発表した
3月末までに実名で登録し4月1日から運用
職員個人から市民に情報発信し職員間の議論も促す狙いで、全国初の試みという

登録の際は実名と所属を載せ、顔写真や趣味などの個人情報の掲載は各職員の裁量に任せる
市秘書広報課は「文書の共同作成や役所内のイベント情報の議論に役立ち、作業時間の短縮につながる」と効果を期待する

昨年8月、市のホームページをフェイスブックに移行
月に約5万件だった閲覧回数が、半年間で累計1500万件に急増した
これを利用し、地場特産品販売ページなどで月40万~50万円を売り上げている

朝日新聞デジタル:職員全員フェイスブック登録 情報発信狙い佐賀・武雄市 – 政治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です