「脂肪を燃焼させる成分。生より加熱処理されたトマトジュースに多く含まれている」京大・河田教授 @MSNJapan

トマト(浅野直哉撮影)

トマト(浅野直哉撮影)

トマトの成分の一つに中性脂肪などを減少させる効果があり、メタボリック症候群の改善に役立つことを、京都大大学院農学研究科の河田照雄教授(食品機能学)らの研究グループが突き止め、研究成果が10日付の米科学誌プロスワン電子版に掲載された

河田教授らは、脂質異常症や糖尿病に有効とされてきたトマトの成分を具体的に分析
その結果、脂肪燃焼効果を持つ脂肪酸の一種が含まれていることを発見した

この成分を高カロリーの餌に混ぜ、肥満マウスに4週間投与
高カロリーの餌だけを与えた肥満マウスと比べると、中性脂肪量が減少し、血糖値も低下する結果が得られた

河田教授によると、トマトの成分で直接的に脂肪を燃焼する効果がみられたのは初めて
生のトマトよりも加熱処理が施されたトマトジュースに多く含まれているという

トマトでメタボ改善 京大グループが脂肪燃焼の新成分を発見 – MSN産経ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です