「できる奴=話が短い」 仕事ができる人たちに共通するいくつかの特徴 @udden

できる人は相手に問いかける、できない人は自分が話し続ける

できる人は一本線を引く、できない人はズルズル引きずられる

本当に大事なニッチを考えに考えて探してゆく

自分のもっているニッチを絶対に渡してはいけない

難行苦行をしない

周囲の賛同を待たずに先に手を付けてしまう

抜け駆けを目指す

1. 他人の発言をさえぎらない
2. 話すときは、だらだらとしゃべらない
3. 話すときに、怒ったり泣いたりしない
4. わからないことがあったら、すぐに質問する
5. 話を聞くときは、話している人の目を見る
6. 話を聞くときは、他のことをしない
7. 最後まで、きちんと話を聞く
8. 議論が台無しになるようなことを言わない
9. どのような意見であっても、間違いと決めつけない
10. 議論が終わったら、議論の内容の話はしない

同じ作業を繰り返すようなものはフォームを作って迅速に処理できるようにしておく。考える必要がないなら誰か他の人に頼むか、機械やシステムに置き換えて任せてしまう。

自分の活動のどの20%が、80%の結果を生んでいるのかを見極めてることだ。そして、残りを大胆にかつ極力切り落とす。

「私は現実逃避を行なっていないか?」と注意を喚起する

『仕事ができる人』は、「忙しい」と周りにに言うことは、「無能の証明」だと思っている。

『仕事ができる人』は、前倒し。(納期より随分前から作業に取りかかるので、2つ以上の仕事を同時並行処理したりする効率の良い仕事の仕方ができる。)

『仕事ができる人』は、仕事の始めに「仕事の目的と最終完成物」を明確にして仕事にとりかかる。

『仕事ができる人』は、段取りを考える時間を十二分にとる

『仕事ができる人』は、どんなに忙しい時でも学習時間の確保を行っている。学んだ知識をもとに、もっと効率的な仕事のやり方を求めて、いつもチャレンジをしている

「選択と集中」

やるのをあきらめる――ではなく「しなくてもいい仕組み」を考える

何でもできることを目指すのではなく、少ないことを卓越してできるようになること(その少ないことで、あなたの組織は歴史に名を残すからだ)

目に見える成果をイメージし、その実現に必要なリソースを自分の経験や他人の能力、そして環境の中から素早く探し出して投入し、カオスな資源を驚くほど見事に形に整える。

浸食不可能な固有の世界を持っている

仕事ができる人たちの特徴まとめ – NAVER まとめ