「おい、小池!」が病死 検視で気付かず – 社会ニュース : nikkansports.com

 徳島県警は20日、01年の徳島市の父子殺害事件で指名手配し、「おい、小池!」のポスターを作製して行方を追っていた小池俊一容疑者(52)が、岡山市で19日に死亡したと明らかにした。検視の結果、心臓疾患による病死とみられる。岡山県警によると、小池容疑者はパート従業員の女性(67)と05年から同居し、「小笠原準一で55歳」と名乗っていた。

 岡山県警は小池容疑者と気付かず検視し、指紋も照合しなかった。葬儀業者が女性とやりとりする中で、「偽名では」と疑念を抱き警察に連絡、指紋を照合し身元が判明した。岡山県警は「検視の段階で気付けなかったのは遺憾」としている。

 岡山県警によると、小池容疑者は19日午後9時5分ごろ、岡山市北区の雑居ビル3階の自宅トイレで倒れた。間もなく、同居女性が119番したが、午後10時15分ごろに死亡を確認した。仕事はしていなかった。雑居ビルは、市中心街で近くに岡山県警本部もある。

 事件は01年4月、徳島市の無職松田優さん(当時66)の自宅から出火。焼け跡から殺害された優さんの遺体が見つかった。また、兵庫県では雑木林の焼け跡からも長男浩史さん(同38)の遺体が見つかった。

 徳島県警は翌月、浩史さんへの殺人容疑などで小池容疑者を指名手配。11年には優さんに対する強盗殺人、現住建造物等放火の疑いで逮捕状を取っていた。徳島県警は手配ポスターを04年からこれまでに108万枚作製し、4389件の情報提供があった。10年に警察庁が捜査特別報奨金の対象事件に指定していた。

 [2012年10月21日8時56分 紙面から]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です