月別アーカイブ: 2016年5月

The Official Wakayama Travel Guide

FireShot Capture - The Official Wakayama Travel Guide - https___en.visitwakayama.jp_

Welcome to the official Wakayama travel guide, the source for tourist information on Wakayama Prefecture in Kansai, Japan. Discover things to do, sightseeing attractions, and links to restaurants, accommodations, tourism offices, free wifi, atm’s, maps and more.

アトキンソン氏監修により多言語観光ウェブサイトリニューアル
~世界に向けて和歌山の魅力を発信します~
平成28年5月17日、外国人向け多言語観光ウェブサイト
「Visit Wakayama」をリニューアルオープンします。
美しい写真や映像を多用した見る人を惹きつける魅力的なウェブサイトにリニューアルし、
世界各国に和歌山の魅力を発信することにより、今後益々増加する外国人観光客の本県への
誘客を図ります。
※ 英語、フランス語、スペイン語、中国語(繁体/簡体)、韓国語、タイ語、インドネシア語の8言語に対応
「Visit Wakayama」アドレス URL: visitwakayama.jp (各言語共通)

情報源: The Official Wakayama Travel Guide

自立は、依存先を増やすこと 希望は、絶望を分かち合うこと

TOKYO人権 第56号(平成24年11月27日発行)
http://www.tokyo-jinken.or.jp/jyoho/56/jyoho56_interview.htm

実は膨大なものに依存しているのに、「私は何にも依存していない」と感じられる状態こそが、“自立”といわれる状態なのだろうと思います
だから、自立を目指すなら、むしろ依存先を増やさないといけない

「自立」と「依存」という言葉の関係によく似ていますが、「希望」の反対語は「絶望」ではないと思います
絶望を分かち合うことができた先に、希望があるんです

神宮表敬に際してのG7首脳の記帳について|お知らせ|伊勢神宮





神宮表敬に際してのG7首脳の記帳について
お知らせ 平成28年5月26日

26日午前、伊勢志摩サミットの開催に先立ち、伊勢神宮内宮(皇大神宮)を表敬され、G7各国首脳は今回の印象を次のように記されました。

■アメリカ バラック・オバマ大統領
原文:
It is a great honor to visit this sacred place, which has brought comfort and peace to generations.
May the people of the world be inspired to live together in harmony and understanding.
仮訳:
幾世にもわたり、癒しと安寧をもたらしてきた神聖なこの地を訪れることができ、非常に光栄に思います。世界中の人々が平和に、理解しあって共生できるようお祈りいたします。

■フランス フランソワ・オランド大統領
原文:
Dans ce haut lieu de spiritualité, où le Japon prend sa source, s’expriment les valeurs d’harmonie, de respect et de paix.
仮訳:
日本の源であり、調和、尊重、そして平和という価値観をもたらす、精神の崇高なる場所にて。

■ドイツ アンゲラ・メルケル首相
原文:
Im tiefen Respekt vor der engen Verbindung des japanischen Volkes mit seiner reichen Natur, die in diesem Schrein ihren Ausdruck findet.
Mögen Deutschland und Japan Hand in Hand dazu beitragen, die natürlichen Lebensgrundlagen unseres Planeten zu sichern.
仮訳:
ここ伊勢神宮に象徴される日本国民の豊かな自然との密接な結びつきに深い敬意を表します。
ドイツと日本が手を取り合い、地球上の自然の生存基盤の保全に貢献していくことを願います。

■イギリス デービッド・キャメロン首相
原文:
It is a great pleasure to visit this place of peace, tranquility and natural beauty as we gather in Ise Shima for Japan’s G7, and to pay my respects as Prime Minister of the United Kingdom at the Ise Jingu.
仮訳:
日本でのG7のために伊勢志摩に集うに際し、平和と静謐、美しい自然のこの地を訪れ、英国首相として伊勢神宮で敬意を払うことを大変嬉しく思います。

■イタリア マッテオ・レンツィ首相
原文:
Grazie per la straordinaria accoglienza in questo luogo carico di storia e di suggestione. Che sia di buon auspicio per il Giappone che ci ospita e per tutti noi per costruire con piu’ vigore le condizioni della crescita economica e della giustizia sociale, mantenendo viva la dignita’ dell’uomo.
仮訳:
このような歴史に満ち示唆に富む場所ですばらしい歓待をいただきましてありがとうございます。主催国である日本と我々全員が、人間の尊厳を保ちながら、経済成長及び社会正義のための諸条件をより力強く構築できることを祈念します。

■カナダ ジャスティン・トルドー首相
原文:
Que l’harmonie de Ise Jingu renforce notre engagement à bâtir un avenir empreint de paix et de prosperité.
Let the harmony of Ise Jingu reflect our desire to build a prosperous and peaceful future.
仮訳:
伊勢神宮の調和に、繁栄と平和の未来を創るという我々の願いが映し出されますように。

■EU ドナルド・トゥスク欧州理事会議長
原文:
A place of peace and reflection. And a deep insight into Japan. Thank you!
仮訳:
静謐と思索の場。そして日本についての深い洞察。どうもありがとう!

■EU ジャン=クロード・ユンカー欧州委員会委員長
原文:
Je m’incline devant les traditions qui furent et les performances qui sont.
仮訳:
この地で目の当たりにした伝統と儀礼に敬意を表す。

情報源: 神宮表敬に際してのG7首脳の記帳について|お知らせ|伊勢神宮

twtrから 2016-05-20

英文Eメールに使える定型文・例文集

英文Eメールに使える定型文・例文集
http://www.alse-net.com/column/email-reibun.htm

冒頭礼辞:

Dear Mr. Smith, →「スミス殿(男性にたいして)」

Dear Mr. 男性, →「~殿(男性にたいして)」

Dear Ms. Smith, →「スミス殿(女性にたいして)」

Dear Ms. 女性, →「~殿(女性にたいして)」

Dear Sir, →「担当者殿(男性1名を想定)」

Dear Sirs, →「各位(男性複数を想定)」

Dear Madam, →「担当者殿(女性1名を想定)」

Dear Madams, →「各位(女性複数を想定)」

Dear Sir/Madam, →「担当者殿(男性か女性か分からない1名)」

Dear Sirs/Madams, →「各位(男性複数及び/または女性複数を想定)」

Dear customer service, →「カスタマーサービス御中」

Dear sales representative, →「販売担当者殿」
Dear Dr. Hamada, →「浜田博士殿」(PhD の保持者や医師に対し使います。男性も女性も関係なく使います。)

Dear ファーストネーム, →「~さん」
※Dear を省略して、Mr. Smith, などとすることも多いようです。

To whom this may concern, (誰またはどの部署がメールを受け取るかわからない場合など。)

TOP

自己紹介:

初めての人にメールを書く場合は簡単な自己紹介から始めるほうが良いです。どんな人からのメールか分かったほうが相手も安心できます。基本的に商品の問い合わせなどの時は必要ないですが、自己紹介があると関連する情報をいろいろと送ってくれることもあるかもしれません。

My name is ○○ and I am a researcher at ABC.
→「私の名前は○○です。私はABCの研究者です。」

My name is ○○ and I am in charge of ~ at ABC.
→「私の名前は○○です。私はABCで~の担当をしています。」

My name is ○○ and I work at ABC.
→「私の名前は○○です。私はABCで働いています。」
☆自己紹介にはできるだけどんな職種かを含むほうが良いです。ABC社で働いているというだけでは、どんな仕事をしている人かが分からないからです。

My name is Jane Hayashi and I am sending you my resume.
「私の名前はジェーン・ハヤシです。履歴書を送信いたします。」

I am Dr. King and I specialize in ubiquitous technology.
→「私はキング博士でユビキタス技術の専門家です。」
☆自分に対しても、Dr. を使うことがあります。このように紹介する人に対しては、Dr. をつけて呼ぶようにするとよいです。

TOP

冒頭の挨拶:

知らない人に初めてメールをする際は、自己紹介や経緯の説明などからメールを始めると良いですが、知り合いにメールをするのに自己紹介は不自然です。何か冒頭に挨拶を入れたいいう場合、以下のような表現を使うことができます。

How are you?
→「お元気ですか?」

How is the ABC project going?
→「ABCプロジェクトはどうですか?」

How is ○○ going?
→「○○はどうですか?」

I hope the ABC project is going well.
→「ABCプロジェクトが、うまくいっていると良いのですが。」
※I hope (that) ~ を日本語にすると、うまくいっていないと心配しているようにも聞こえますが、英語ではニュートラルな響きの表現です。

I hope ○○ is going well.
→「○○が、うまくいっていると良いのですが。」

How are you doing in the new office?
→「あたらしい事務所はどうですか?」

I hope you are doing well in the new environment.
→「新しい環境でうまくやっていると良いのですが。」

I hope you enjoyed the winter holidays.
→「冬の休暇を楽しまれているといいのですが。」
※日本語にするとネガティブな感じに聞こえますが、そのようなニュアンスはなくニュートラルな響きの表現です。

I hope this email will find you well.
→「お元気だといいのですが。/お元気でお過ごしのことと思います。」
※冒頭の文としてよく使われる決まり文句です。find をSVOC形で使っています。

I haven’t seen you for a long time.
「お久しぶりです。/長い間、お会いしていませんね。」
※日本語の「ご無沙汰しております。」のようなフォーマルな印象はないです。

Long time no see.
「お久しぶりです。」
※親しい友人に使う表現です。会話表現としては一般的ですが、もとはブロークンな表現ですので、状況に注意してください。

I am sorry for my delayed reply.
「お返事が遅くなりすみません。」

TOP

メールの目的を説明:

The reason why I am writing this email to you is I’d like to ask some questions about ~.
→「私がこのEメールを書いた理由は~についていくつか質問をしたいからです。」

The reason why I am writing this email to you is I’d like to ~.
→「私がこのEメールを書いた理由は~をしたいからです。」※

I am writing this email because I’d like to ~.
→「私は~がしたいのでこのEメールを書いています。」

I am emailing you because I’d like to ~.
→「私は~がしたいのでEメールします。」
☆うまく書き出せない場合はとにかく※のように書き出してみてください。このように書き初め、下書きが書けたら、より良い書き出し文を考えてみると良いです。

TOP

添付ファイル:

Attached is a report on the new product.
→「新商品のレポートを添付しました。」

Attached please find specifications for the PMI project.
→「PMIプロジェクトの仕様書を添付しました。」

Please find attached the revised estimate for repairing the control unit.
→「更新したコントロールユニットの見積もりを添付いたしました。」

I have attached a new catalog of our latest products.
→「弊社の最新の製品のカタログを添付しました。」

Attached to this email, please find the revised contract.
「更新した契約書を添付いたしましたので、ご覧ください。」

Attached is ~.
I have attached ~.
→「~を添付しました。」
☆いろいろな表現がありますが、どれを使っても問題ありません。

※似た表現に Enclosed is ~. 「~を同封しました」があります。
I have enclosed ~.
→「~を同封しました。」
TOP

感謝の表現:

Thank you very much for your email.
→「Eメールありがとうございました。」

Thank you very much for your help.
→「助けてくださりありがとうございました。」

Thank you very much for sending me the presentation file.
→「プレゼンのファイルを送って頂きありがとうございました。」

Thank you very much for sending me the book.
→「本を送ってくださりありがとうございました。」

Thank you very much for helping me on the project.
→「例のプロジェクトで私を助けてくださりありがとうございました。」

Thank you very much for ~
→「~ありがとうございました。」

Thank you for sending me the presentation file.
→「プレゼンテーションのファイルを送っていただきありがとうございます。」
※Thank you for sending me … とすることで、送信してくれたことに対する感謝と、受信確認の両方を伝えることができます。

I really appreciate your looking over my report.
→「あなたが私のレポートをチェックしてくれたことに本当に感謝します。」

We really appreciate your help.
→「あなたの援助に本当に感謝します。」

TOP

感謝の文を冒頭の文としても使う。

感謝のメッセージはポジティブな響きで印象も良いですので、冒頭の文としても便利です。お客様に出すさまざまメールや問い合わせに対する返信も Thank you … から始めることができます。
Thank you very much for your inquiry.
→「お問い合わせ頂きありがとうございます。」

Thank you very much for your interest in our product.
→「弊社の商品にご興味をお持ちいただきありがとうございます。」

Thank you very much for your patronage.
→「ご愛顧いただきありがとうございます。」
TOP

「送ってください。」

Please send me information on the product.
→「例の商品についての情報を送ってください。」

Please send me information on ~.
→「~についての情報を送ってください。」

Please send me more information on ~.
→「~についての情報をもっと送ってください。」

Please send me the file.
→「例のファイルを送ってください。」

Please send me your report as soon as possible.
→「あなたのレポートをできるだけ早く私に送ってください。」

Please send me the invoice by the end of the month.
→「月末までに請求書を送ってください。」

Please send us the presentation file by Wednesday.
→「水曜日までにプレゼンのファイルを送ってください。」

Please remit the application fee by Oct. 1.
→「10月1日までに申込料を振り込んでください。」

Please send us your technical proposal by July 5.
→「技術提案書は7月5日までに送ってください。」

Please send me the itinerary by Jan. 20.
→「旅行日程は1月20日までに送ってください。」

※日付は January 20th, 20th of January などと書くこともできますが、月は省略形、日にちは単に数字を書くだけで問題ありません。

※英語での日付の書き方

Please email me your resume.
→「履歴書をメールで送ってください。」

Please email me your CV with a current photo.
→「最近の写真を付けた履歴書をメールで送ってください。」
Please send the samples to the followng address.
「以下の住所にサンプルを送ってください。」

※英語での住所の書き方
TOP

「質問があります。/知りたいです。」

I have questions about the software.
→「私はそのソフトについて質問があります。」

Please let me ask some questions about the specifications of the product.
「製品の仕様についていくつか質問させてください。」

Please let me ask some questions about ~.
「~についていくつか質問させてください。」
I’d appreciate it if you could answer the following questions. (とても丁寧)
「以下の質問にお答えいただけるとありがたいです。」

I’d like to know more about the software.
→「私はそのソフトについてもっと知りたいです。」

I am looking forward to finding out more about your research. (前向きな表現)
「あなたの研究について、もっと知ることを楽しみにしています。」
→「あなたの研究について、もっとお聞かせいただくことを楽しみにしています。」

TOP

「まだ受け取っていません。」

I still haven’t received your product.
→「私は御社の製品をまだ受け取っていません。」

I still haven’t received the file.
→「私はそのファイルをまだ受け取っていません。」

I still haven’t received your report.
→「私はあなたのレポートをまだ受け取っていません。」

I still haven’t received information on your product.
→「私は御社の製品についての情報をまだ受け取っていません。」

I still haven’t received ~.
→「私は~をまだ受け取っていません。」

I still haven’t received information on ~.
→「私は~についての情報をまだ受け取っていません。」

I have yet to receive your application.
→「私はあなたから応募書類を受け取っていません。」
We have yet to receive your payment.
→「弊社はあなたからの支払いを受け取っていません。」

TOP

「受け取りました。」

I received the file.
→「例のファイルは受け取りました。」

I received the package yesterday.
→「昨日、荷物を受け取りました。」

I have already received the file.
→「既に例のファイルは受け取りました。」
※現在完了形には “yesterday” など過去のある時点を示す単語はつけません。いつ受け取ったかを述べる場合は過去形にします。

I received the file but I could not open it. Please send it again.
→「ファイルは受け取りましたが、開くことができませんでした。もう一度送ってください。」

Thank you for sending me the contract.
「契約書を送っていただきありがとうございます。」
※感謝と受け取りの確認をこの一文ですることができます。

Thank you for sending me the invoice; however, I still have not received the products.
「請求書を送っていただきありがとうございます。でも、まだ商品を受け取っていません。」
※Thank you for sending me … と始めた場合は、I received … は不要です。

TOP

「~は送りました。」

I sent money from a Japanese bank today.
→「本日、私は日本の銀行からお金を送りました。」

We have already sent you the product.
→「当社は御社に製品を既に送りました。」

I have already emailed you the information you requested.
→「私はあなた(御社)にお求めになられた資料を既に電子メールで送りました。」

I sent you the invoice today.
→「本日、私はあなた(御社)に請求書を送りました。」

I emailed you the invoice yesterday.
→「本日、私はあなた(御社)に請求書を電子メールで送りました。」

I emailed you information on the product yesterday.
→「昨日、私はあなた(御社)にその製品についての資料を電子メールで送りました。」

TOP

「~は受け取りましたか?」

Have you received my email about the product?
→「例の製品についての私のEメールを受け取りましたか?」

Have you received my email about ~?
→「~についての私のEメールを受け取りましたか?」

Have you received my report about ~?
→「~についての私のレポートを受け取りましたか?」

Have you received the file?
→「例のファイルを受け取りましたか?」

Have you received ~?
→「~を受け取りましたか?」

TOP

「在庫・発送」

Do you have the product in stock?
→「その商品の在庫はありますか?」

Do you have ~ in stock?
→「~の在庫はありますか?」

How many more do you have in stock?
→「あといくつ在庫がありますか?」

Do you have any other variations?
→「他のバリエーションはありますか?」

When can you ship out the product that I ordered?
→「注文した商品はいつ発送してもらえますか?」

When do you get more red ones?
→「赤いヤツはいつもっと入荷しますか?」

TOP
「~してください。」

Please pay the fee by the end of the month.
→「月末までに料金を支払ってください。」

Please contact me by the end of the month.
→「月末までに私に連絡をください。」

Please help us translate the report.
→「そのレポートを翻訳するのを手伝ってください。」

Please submit the report as soon as possible.
→「できるだけすぐ、報告書を送ってください。」

Please send us the invoice by Friday.
→「金曜日までに請求書を送ってください。」

Please let me know if you can attend the sales meeting.
→「営業会議に出られるかどうか知らせてください。」

Please let me know if you can ~
→「~かどうか知らせてください。」

TOP

「~していただけるとうれしいです。」

It would be nice if you could pick me up at the airport.
→「空港まで迎えに来ていただけるとうれしいです。」

It would be nice if you could ~.
→「~していただけるとうれしいです。」
※「~してください。」より丁寧な表現です。

TOP

「~かどうか教えてください。」

Let me know what you think about the plan.
→「その計画についてどう思うか教えてください。」

Let me know if you can come pick me up at the airport.
→「空港まで私を迎えにこれるかどうか教えてください。」

Let me know if you can ~.
→「~できるかどうか教えてください。」

Please let me know when is convenient for you.
→「いつが都合良いかお知らせください。」

Let me know if you have any trouble.
→「問題があったら教えてください。」

Please let me know if you can attend the meeting by 5:00 tomorrow.
→「明日5時までに会議に出席できるかどうか教えてください。」
※もちろん please を付けるほうが丁寧です。

TOP

「~してくださりませんか?」

I was wondering if you could help me on the project.
→「例のプロジェクトについて手伝ってくださらないでしょうか?」

I was wondering if you could ~.
→「~してくださらないでしょうか?」

I’d appreciate it if you could help me on the project.
→「例のプロジェクトについて手伝っていただけるとありがたいのですが。」

I’d appreciate it if you could ~.
→「~していただけるとありがたいのですが。」

It would be great if you could go over my report.
→「私の報告書を見ていただけるとありがたいです。」

It would be great if you could ~
→「~していただけるとありがたいのですが。」
※Please ~ とするよりも丁寧な表現です。

TOP
「質問があったらどうぞ。」

Please feel free to ask me any questions.
→「質問があったらなんでもどうぞ。」

Please ask me any questions you have about the product.
→「その商品について質問があったらなんでもどうぞ。」

Should you have any questions, don’t hesitate to contact us.
→「ご質問がございましたら、お気軽に当社にご連絡ください。」

TOP

「返事をください。」

Please reply by 5:00 tomorrow.
→「明日5時までに返事をください。」

Please reply as soon as possible.
→「できるだけ早く返事をください。」

Please give us your answer by May 14.
→「5月14日までにあなたの返事をください。」
I would appreciate your prompt reply.
→「すぐお返事いただけるとありがたいです。」
※このようにするほうが、控えめで丁寧です。

※英語での日付の書き方
TOP

「お返事お待ちしております。」

I am looking forward to hearing from you.
→「お返事お待ちしております。」

I look forward to hearing from you.
→「お返事お待ちしております。」

I am looking forward to hearing from you soon.
→「早急なお返事をお待ちしております。」
※look forward to の “to” は不定詞ではないので注意してください。
※soon を加えることもできます。

Hope to hear from you soon.
「すぐに返事をくれたらいいな。」
※親しみをこめたカジュアルな感じの表現です。友人やよく知っている人に対して使ってください。

TOP

結辞/結びの言葉

Regards, / Best regards, →メールで一般的な結辞(知っている人に使う)

Sincerely, / Yours sincerely, / Sincerely yours, →私信に使う少しフォーマルな結辞(知らない人にも使う)。Dear representative, などと始めた場合は結辞は Sincerely 系で良い。

Truly yours, / Yours truly, / Very truly yours, →とてもフォーマル

Faithfully yours, / Yours faithfully, →とてもフォーマル、Dear Sir, や Dear Madam, (相手の名前がわからない場合)で始めた場合に使う。
Respectfully, /Respectfully yours, / Yours respectfully, / Very respectfully yours, →とてもフォーマル

Thanks, →このように終わる事もあります。

※Sincerely, は私信の結辞とされていますが、多くのレターは個人が書いた物なので現在ではフォーマルなレターでも広く使われています。

TOP

センスがグッとアップする。そのまま使える英語メール書き出し80選

ビジネスで使える英語のメールの書き出しのフレーズ80選をご紹介します。時間のないビジネスパーソンの方に、少しでも早く英語のメールを処理していただくためにベルリッツのネイティブティーチャーが様々な書き出しを紹介。これを使えばあなたのメールのセンスもグッとアップ!

メール件名の書き方
メールの宛先の書き方
挨拶、自己紹介
自分の上司、同僚、部下を紹介する
~ありがとうございました
目的を説明する
良いニュースを伝える
悪いニュースを伝える
緊急なお願いをする
すぐに返事ができなかったことを説明する
~は送りました
まだ受け取っていません
受け取りました
添付ファイルの説明
~してください
~くださいませんか
返事をください。返事をお待ちしております
世間話、カジュアルな話題
文末の一言
結びの言葉

メール件名の書き方

件名はシンプルに!さらに日付を付けるとわかりやすい場合もあります。下記の例文に参考してください。

Schedule Confirmation for June 15th
6月15日のスケジュールの確認

Deadline for Project Budget Analysis
プロジェクトの予算分析の締切

Request for Product Documents
製品資料の要求

Invitation for June 15th Conference Call
6月15日テレコンの招待

Urgent Request Concerning Your Invoice
請求書に関しての緊急のお願い

メールの宛先の書き方

下記ではあらたまった丁寧な例文を紹介しておりますが、親しい相手にはDearを使わず「Johnson」「Ms.Baker」など直接名前ではじめるのが一般的です。

Dear Mr. 男性,
~殿(男性に対して)
Dear Mr. Johnson,
ジョンソン殿(男性に対して)
Dear Ms. 女性,
~殿(女性に対して)
Dear Ms. Baker,
ベーカー殿(女性に対して)

<特定の部門等に送る場合は>

Dear Customer Service,
カスタマーサービス御中
Dear Marketing Director,
マーケティング部長殿

<案件の担当者が不明な場合は>

To whom it may concern,
関係当事者殿

挨拶、自己紹介

My name is Taro Tanaka and I work at Berlitz Japan.
私の名前は田中太郎です。私はベルリッツ・ジャパンで働いています。

My name is Taro Tanaka and I work in marketing at Berlitz Japan.
私の名前は田中太郎です。私はベルリッツ・ジャパンでマーケティングをしております。

My name is Taro Tanaka and I am responsible for curriculum development at Berlitz Japan.
私の名前は田中太郎です。私はベルリッツ・ジャパンでカリキュラム開発の担当をしています。

My name is Taro Tanaka and we met last week at an event.
先週のイベントで知り合った田中太郎です。

My name is Taro Tanaka and I am a colleague of Hiroshi Suzuki at Berlitz Japan.
ベルリッツ・ジャパン鈴木宏の同僚の田中太郎です。

自分の上司、同僚、部下を紹介する

下記のようにI would like to introduce my (boss/colleague/subordinate) (boss’s/colleage’s/subordinate’s name).という順番であなたの会社の人を紹介いたします。

Jeff, I would like to introduce you to my boss, Mr. Kenichiro Tanaka.
ジェフ、私の上司、田中賢一郎を紹介させていただきます。

~ありがとうございました

Thank you very much for ~
~ありがとうございました。

Thank you very much for your reply.
お返事をいただきありがとうございました。

Thank you very much for your help.
助けていただきありがとうございました。

Thank you very much for setting the agenda.
会議アジェンダを設定してていただきありがとうございました。

I appreciate you arranging your schedule.
スケジュールを調整してくれてありがとうございました。

Thank you very much for visiting our office yesterday.
昨日は、ご訪問いただきありがとうございました。

I appreciate your quick response.
迅速なお返事をいただきどうもありがとうございました

目的を説明する

The reason I am writing this e-mail to you is because I would like to know your availability for next week to schedule a meeting.
ミーティングを設定するために来週のご都合を伺いたく、メールさせていただきました。

The purpose of this e-mail is to ask some questions about your current product.
貴社の現行製品についていくつか質問をしたく、メールさせていただきました。

I am writing this e-mail to follow-up on what we discussed at the meeting.
会議で話した内容のフォローアップについてのメールになります。

良いニュースを伝える

We are happy to inform you that~
~を嬉しくおもいます。~をありがとうございます。

We are happy to inform you that we received your payment.
お支払いを確認しました。ありがとうございます。

We are pleased to inform you that we will accept your offer.
貴社の提案を採用することをお知らせいたします。

悪いニュースを伝える

We are sorry to inform you that~
~大変申し訳ございませんが ~をお知らせいたします。

We are sorry to inform you that the item you ordered is out of stock.
大変申し訳ございませんが、ご注文いただきました製品は在庫がございません。

I regret to inform you that I would like to cancel the following order.
大変申し訳ございませんが、以下のオーダーをキャンセルいたします。

Unfortunately, there has been a change of plans.
残念ですが、予定に変更がありました。

Unfortunately, we will need to put this deal on hold.
残念ですが、この案件は保留せざるを得ません。

緊急なお願いをする

I need to ask an urgent favor of you. Would you mind sending me copies of the documents by noon?
緊急なお願いがございます。昼までに資料のコピーを私に送っていただけませんでしょうか?

I am sorry this is very last minute, but could we meet to discuss Project A tomorrow morning?
直前のお願いで申し訳ございませんが、明日の朝、Aプロジェクトについて話せませんか?
すぐに返事ができなかったことを説明する

Please excuse my lack of a prompt reply as I was in a meeting.
会議が遅くなったためすぐに返事ができず、申し訳ございませんでした。

Sorry for my late reply as I have been away on business.
出張していたため返事がおそくなって申し訳ございません。

I was not able to reply sooner because I did not have access to the Internet.
インターネットに接続できなかったので、すぐに返事ができませんでした。

~は送りました

I sent the documents you requested today.
本日、私はあなたが頼んだ資料を送りました。

I have already e-mailed you the information you requested.
ご要望の資料はすでにメールでお送りしました。

I e-mailed you the invoice yesterday.
請求書を昨日メールでお送りしました。

まだ受け取っていません

I still haven’t received ~ (or I have yet to receive ~)
~をまだ受け取っていません。

I still haven’t received information concerning your product.
貴社の製品に関しての情報をまだ受け取っていません。

I have yet to receive your reply about your availability.
ご都合についてのお返事をまだ受け取っていません。

受け取りました

I received the documents today. Thank you very much.
本日、資料は受け取りました。どうもありがとうございます。

I have already received the documents.
すでに資料は受け取りました。

I received the invoice yesterday.
昨日、請求書を受け取りました。

I received the file but I could not open it. Please send it again.
ファイルは受け取りましたが、開くことができませんでした。もう一度送ってください。

Thank you for sending me your contact information.
連絡先を教えていただきありがとうございます。

添付ファイルの説明

Please find the revised estimate for the product attached to this email.
このメールに製品の見積もりを添付いたしました。

Attached are the minutes from our meeting.
ミーティングで話した内容を添付いたしました。

I have attached the Power Point Slides of the presentation to this e-mail.
プレゼンテーションのスライドを添付いたしました。

~してください

Please send us the invoice by Friday.
金曜日までに請求書を送ってください。

Please contact me as soon as possible
なるべく早めに私に連絡をください。

Please submit the invoice as soon as possible.
できるだけすぐ、請求書を送ってください。

Please let me know if you can come to the meeting.
ミーティングに参加可能か教えてください。

Please let me know if you have time.
時間があるか教えてください。

Please let me know if you want to reschedule.
予定を変更したい場合は教えてください。

~くださいませんか

Do you mind ~?
~してくださいませんか?”Do you mind”というニュアンスはよりソフトな表現です
下記例文のように使います。

Do you mind sending me a copy of the contract?
契約のコピーをおくってくださいませんか

Do you mind explaining this in more detail?
もっと詳しく教えてくださいませんか

Do you mind rescheduling the meeting?
会議のリースケジュールしてくださいませんか

返事をください。返事をお待ちしております

Please reply by 15:00 on March 15th.
3月15日の15時までに返事をください。

Please reply as soon as possible.
なるべく早く返事をください。

Please contact us at your earliest convenience.
ご都合がよいときにあなたの返事をください。

I would appreciate your prompt reply.
すぐお返事いただけるとありがたいです。

世間話、カジュアルな話題

How are things these days?
最近お元気ですか?

How is the marketing project going?
マーケティングプロジェクトはどうですか?

How is ○○ coming along?
○○はどうですか?

I hope the marketing project is going well.
マーケティングプロジェクトが、うまくいっていると良いのですが。

I hope ○○ is going well.
○○が、うまくいっていると良いのですが。
※I hope (that) ~を日本語にすると、うまくいっていないと心配しているようにも聞こえますが、英語ではニュートラルな響きの表現です

How are you doing in the new (office/position/department)?
あたらしい「職場/役割/部」はどうですか?

I hope you enjoyed the winter holidays.
冬の休暇を楽しまれているといいのですが。

I hope you enjoyed your vacation.
旅行を楽しまれているといいのですが。

I hope this e-mail finds you well.
お元気だといいのですが。/お元気でお過ごしのことと思います。

I am sorry for my delayed reply.
お返事が遅くなりました。

文末の一言

I look forward to hearing from you.
お返事お待ちしております。

(Please) Feel free to ask me any questions.
質問があったらどうぞなんでも聞いてください。

(Please) Ask me any questions you have about the product.
商品についてご不明な点があればどうぞ仰ってください。

Don’t hesitate to contact us if you have any questions.
ご不明な点がございましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

結びの言葉

いろいろな表現はありますが、ビジネスでは以下の2つをよく使います

Best regards,
Thanks,

まとめ

まずはこのページをブックマークしてください。そして1単語1単語タイピングして体で覚えてしまいましょう

また、そのほかにもアウトルックの校正機能をつかって、間違いをチェックしたり、近くの席に英語が得意な人や外国人がいたらチェックしてもらうことをおすすめします

外国人からメールを読んで、「こういう表現もあるんだ!」と外国人の真似をすることもおすすめです

慣れていないと時間がかかりますがこれを英語学習のチャンスととらえれば、仕事しながら英語を学習できるチャンスです!
この機会に英語を得意にしてしまいましょう!

情報源: センスがグッとアップする。そのまま使える英語メール書き出し80選

twtrから 2016-05-13

異なる“顔”感じて 離島ブランドPR、個人客に調査も – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース


 県内離島への誘客を図ろうと、県はこのほど八重山諸島、宮古諸島、久米島、慶良間諸島の4圏域を対象に、それぞれの誘客戦略とマーケティングコンセプト案をまとめた。離島入域観光客のニーズ調査を初めて実施したほか、4圏域の観光関係者や住民を対象としたワークショップも複数回開催した。今後各離島の観光関係者らと連携しながら、同コンセプト案を生かした誘客プロモーションを促進する。

 コンセプト案では八重山諸島は、異なる“顔”を持つ八重山の島々の違いや多彩な変化を楽しむ冒険の島で、コンセプトイメージは「アドベンチャー(冒険心)&センシビリティ(感覚)」とする。

 宮古諸島は、伝統文化と素朴な自然が心と身体をリフレッシュさせてもらえる島々で「エコロジー(環境にやさしい)&ラグジュアリー(ぜいたく)」とする。

 久米島は、穏やかな島の人たちが心に潤いを与え、島ならではの絶景や海洋深層水などを使った新産業が好奇心を刺激する島とし「インティマシー(親密さ)&キュリオシティー(好奇心)」とする。

 慶良間諸島は世界でも有数の透明度の高い海があり、貴重な生態系を守ることの大切さを学び、心を豊かにしてくれる島々で「ピュア(純粋)&ワイルド(自然のまま)」がコンセプトイメージ。

 一方、県は国内客と海外8カ国・地域の個人客を対象に離島入域観光客のニーズ調査も初めて実施した。調査対象者は離島に対する認知度が低いほか、自然関連以外のイメージも弱いことが分かった。だが、魅力を伝えるコンセプト文を調査対象者に提示すれば来訪意向も大きく上昇するという。アジア人客は地域資源を重視する傾向がある一方で、欧米人客はホスピタリティーを大切にする傾向がある。

 県の調査は昨年11~12月にかけて、1年に1回以上海外に出掛けて個人で旅行を手配し、リゾートホテルなどに宿泊する客層「プレミアムFIT」を対象に、ウェブでアンケートを実施した。国内8エリア(北海道や東北、関東など)と海外8カ国・地域(台湾や香港、イギリス、ドイツなど)から国内1600サンプル、海外3334サンプルの回答があった。

情報源: 異なる“顔”感じて 離島ブランドPR、個人客に調査も – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース

twtrから 2016-05-06

NHK地域づくりアーカイブス

農林水産・食
6次産業化
直売所
伝統食

環境・エネルギー
地域内循環
バイオマス
里山

共生経済・観光
コミュニティビジネス
地場産業
雇用創出

コミュニティ・商店街
Iターン
サロン
住民参加

教育・子ども・若者
食農教育
子育て
生涯学習

医療・介護
認知症
地域包括ケア
介護

福祉・生活支援
見守り
地域福祉
ひきこもり

災害復興・防災
避難生活
集団移転
放射能汚染

情報源: NHK地域づくりアーカイブス