「海の京都」事業について/京都府ホームページ

「海の京都」事業について

「海の京都」の概要

 日本海に面する京都府北部地域(福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町)は、古代より大陸との交流の窓口として栄え、多くの神話の舞台となった、いわば「もうひとつの京都」。

 平成27年度までには、京都府南北をつなぐ京都縦貫自動車道が全線開通し、大型クルーズ船等に対応した京都舞鶴港の埠頭が整備されるなど、陸路・海路双方からのアクセスが飛躍的に向上します。

 こうした歴史的・地理的背景や交通基盤の整備の進捗を活かし、魅力的な観光まちづくりをソフト・ハード両面から進めることによって、京都市内に比肩する国際競争力を持つ「海の京都」観光圏を目指します。

 その主役は行政ではなく、地域住民の方々です。住民の方々自身が地域の良さを実感して大切にし、さらに新たな魅力を生み出すことによって、持続可能な観光まちづくりを進めます。

情報源: 「海の京都」事業について/京都府ホームページ