「最強の食事」デイブ・アスプリー(2015)

「最強の食事」デイブ・アスプリー(2015)

多くの病気の中心には高度の炎症がある

レプチン

これまでに伝えられてきた食についての知恵の大半は、マーケティングと誤情報と恐怖心のミックスにもとづいていた

脂肪は最も重要で最も炎症性が少ない主要栄養素…1日のカロリーの50~70%を正しい種類の脂肪で摂る

原則は、体重1キロ当たり1日のタンパク質を0.72~1.65グラムの範囲で試す…
これがざっとカロリーの20%に相当して、たいていの人が…LBM(除脂肪体重)、ホルモンバランス、好ましい窒素濃度を保てる適正量だ

栄養のある飼料で育っていないと、家畜は栄養のある食物にならない…
牛にジャンクフードを与えれば、牛はジャンクフードになる
反芻動物は草を食べるようにできているのだ

最終的にたどり着いたレシピは、コーヒーにMCTオイル…大さじ1~2杯と、良質な無塩バターまたはギー大さじ1~2杯を加えること…
たいていの人は、短くても5~6時間は食欲がオフになる

トレーニング…
一度だけあげられる最も重いウエイトの約80%を使うと決めておくといい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です