「島の美味」情報発信へ 市農林水産部 | 八重山毎日新聞社

2017年06月05日 社会・経済
8月中旬に石垣市農林水産部が運営するサイト「特産島石垣島」

石垣産食材活用の商品、メニュー
8月中旬、公式HP「特産島」に開設

 石垣市農林水産部が、公式ホームページ「特産島石垣島」で、石垣島産の農水産物にこだわった商品やメニューを一元的に収集・情報提供する「石垣島美味しいもの倶楽部」(仮称)の開設、運営を計画している。担当の農政経済課によると、現在、石垣島産食材を活用した新たな創作メニューの募集を行っており、今後は新メニューの発表会、情報コンテンツの作成などを進めていく考えだ。

 石垣島に来島する観光客やビジネス客は、おいしい食材やメニューも大きな楽しみの一つ。一方、情報発信は店舗ごとのPR、フリーペーパー、ネットやソーシャルネットワークでの口コミなどで行われており、今回の取り組みは、行政がこれらの情報を一元的に取り扱おうという試み。

 同倶楽部では、島内で生産、漁獲、水揚げされた農畜水産物を活用した新たな創作メニューを対象とし、島内産の原料割合を50%以上に設定している。7月10日まで募集し、採用されたメニューは直接取材して情報コンテンツとしてまとめ、8月中旬以降、「特産島石垣島」に掲載して情報発信する予定だ。

 市は、これを通して▽生産者の顔の見える化▽生産者と消費者とのマッチング▽石垣島食材のPR、ブランド化▽加盟店、協力店のPRや売り上げアップ▽生産者の所得向上▽飲食店、ホテルなどの客単価向上|などを期待する。

 同課は「島産だと仕入れのコストがかかるだろうが、高単価で特別感を出してもらいたい。市としても、レシピをきちんと確認した上で自信をもって情報発信したい。これによって店舗の売り上げ、農家の所得向上につなげたい」としている。

タグ: 市農林水産部

情報源: 「島の美味」情報発信へ 市農林水産部 | 八重山毎日新聞社