選挙:海士町長選 大江氏、無投票初当選 「気合入れ行政運営」 /島根 – 毎日新聞

毎日新聞2018年5月16日 地方版
地方選挙 島根県 選挙・島根

島根県海士町の町長選に無投票で当選が確定し、支援者とともに万歳する大江和彦氏(中央)=同町海士で、前田葵撮影

 任期満了に伴う海士町長選が15日告示され、無所属新人の大江和彦氏(58)のほかに立候補者がなく、無投票で初当選が決まった。4期16年務めた山内道雄町長は今期限りでの引退を表明している。

 大江氏は同日朝、同町海士の自宅近くで住民約50人が見守る中、「前に進むしか海士町の生きる道はない」と第一声。山内町長の施策を踏襲しつつ、町に根付いた風土の継承や、人づくりに官民を問わず取り組むとした。

 その後は町内を選挙カーで回り、「心をひとつにみんなでしゃばる(引っ張る)島作りを合言葉に、先頭に立って海士町を盛り上げていく」などと訴えた。町役場前では山内町長も大江氏への支援を呼びかけた。

 午後5時過ぎに無投票当選を確認すると、事務所を兼ねる自宅で支援者とともに万歳し「気合を入れて行政運営に携わっていきたい」とあいさつした。現職の山内町長の任期は30日までで、大江氏は31日に就任式に臨む。【前田葵】

海士町
大江和彦(おおえ・かずひこ) 58 無新(1)
 [元]町地産地商課長▽修成建設専門学校

情報源: 選挙:海士町長選 大江氏、無投票初当選 「気合入れ行政運営」 /島根 – 毎日新聞