古典の絵巻物、電子マンガで復活 日文研が無料配信|エンタメ!|NIKKEI STYLE

2019/4/2付 日本経済新聞 夕刊

日文研が無料漫画総合サイトで配信する「まんが訳 酒天童子繪巻」(其の四)より

国際日本文化研究センター(日文研、京都市)は所蔵する絵巻資料を電子漫画にして無料で配信する取り組みを始めた。漫画形式への“翻訳”で、古典の新しい読み方を提案する試みだ。

警戒を解こうとしない不敵な面構えの酒呑(酒天)童子。一方で真意を悟られまいと振る舞いつつ、敵の懐に入っていく主人公――。大乱闘前の緊張感ある腹の探り合いが、個々のクローズアップでコマ別に強調される。群像のロングショットも大小のコマに切り分け、1ページ分ずつつないだ。あくまで原本から抜き出しての再構成に徹し、絵そのものを描き直すことは一切していない。

■「酒呑童子」を公開

KADOKAWAの無料漫画総合サイト「Comic Walker」上で今年1月に公開した「まんが訳 酒天童子繪巻」だ。原本は全3巻からなり、漫画版では1話あたり十数ページ立ての全6話構成に組み直した。画面上に現れる1ページずつを右へスクロールして読み進めていく。

あらすじはヒーローによる怪物退治。都の貴族の娘を相次ぎ誘拐する酒呑童子のすみかを、源頼光率いる四天王ら一行が突き止め、計略を用い一味を討ち取る。「ストーリーがわかりやすいし、何より日文研所蔵の自前資料なので、(通常ならネックとなる)著作権の問題もクリアしやすかった」。電子漫画化の第1弾にこの絵巻作品を選んだ理由を、大塚英志教授はこう説明する。

原本は絵画のみだが、日文研には異本の酒呑童子絵巻があり、こちらの詞書(ことばがき)(テキスト)を基に現代語のセリフの吹き出しやナレーションを作成した。古典籍を現代語訳で読むのに近い感覚で楽しめる。

1ページを右上から左へ、突き当たっては一つ下段の右にもどって――を繰り返していくコマ運びは、ストーリーの流れが無理なくふに落ちる語り口だ。ところが原本の絵巻物は、戦後漫画で育った目にはところどころで違和感がある。

たとえばヤマ場の乱闘シーンで酒呑童子の首が飛ぶ瞬間。絵巻ではその隣で、がぶりと主人公の兜(かぶと)に食らいつくもう一つの首が描かれる。いきなり隣から別の怪物が現れたのかと思いかねないが、これは切られた後に首が主人公を襲う一連の経過を示したもの。同じ画面内に何度も同一人物が登場する「異時同図」という表現手法で、絵巻ならではの約束事だ。

■コマ割り議論熱く

大塚英志・日文研教授

漫画訳電子版の制作には、大塚教授や山本忠宏日文研客員准教授ら7人のほか、セリフやナレーションの整合性監修に久留島元・日本学術振興会特別研究員が当たった。3月30日には第2弾の「まんが訳 道成寺縁起」を全編公開した。

電子化は作画する創作過程がないため、単調な作業に思われがちだ。だが、絵巻に描かれた手のしぐさや後ろ姿などは、それだけでも情感を物語る。「どの部分を際立たせて、セリフやナレーションを重ねるか。劇的場面を見開き2ページに据えるため、流れの緩急を制御しながら、どうコマの大小に配置するか。舞台裏で議論は大いに盛り上がった」(大塚教授)

コマ割りを通じて物語の時間的進行と展開を伝える語り口は、大塚教授によれば、終戦直前に手塚治虫が開発。対象に迫ったり引いたりして、意図的に撮り分けたカットをつなぎ合わせて流れを構成していく映画の手法にならうように、日本の戦後漫画はコマとコマをつないで物語を紡いでいく。石ノ森章太郎らがこの語り口を洗練させていった。

戦後漫画が培った語り口で再構築すれば、絵巻物をわかりやすくとらえ直すことができそうだ。並行して、現代人に知らず知らず根を下ろしているこの語り口も「2ページ見開きを1単位とする漫画誌固有の制約に最適化してきた産物」(大塚教授)であったことを教えてくれる。

(編集委員 岡松卓也)

情報源: 古典の絵巻物、電子マンガで復活 日文研が無料配信|エンタメ!|NIKKEI STYLE