薬用せっけんに含まれる殺菌成分が健康を脅かす?:日経Gooday(グッデイ)

米FDAが市販品からの除去を指示、効果は普通のせっけんと変わらず
2016/9/16 大西淳子=医学ジャーナリスト

 米食品医薬品局(FDA)は2016年9月2日、市販の殺菌消毒ソープ類(液体、泡、ジェル状のハンドソープと固形せっけん、ボディソープ)に含まれる19の殺菌成分について、今後1年間に、それらの成分を除外して発売するか、販売自体を中止するよう、メーカーに指示したことを発表しました(*1)。この19成分の中には、日本の薬用せっけんなどに添加されているトリクロサンやトリクロカルバンも含まれています。
*1 FDA:Antibacterial Soap? You Can Skip It — Use Plain Soap and Water

普通のせっけん以上に病気を防ぐという科学的なデータはない

普通のせっけんでしっかり洗えば効果は同じ。(© sailanalt -123rf)
 殺菌、消毒効果があるとパッケージに書かれたソープ類には、普通のせっけんには含まれていない殺菌成分が添加されています。殺菌消毒せっけんを購入する人は、それらを使用すれば、家庭内での細菌感染を防げて、家族が病気になるリスクは下がると考えているのではないでしょうか。

 FDAは今回のリリースの中で、「普通のせっけんより殺菌消毒せっけんの方が病気を防ぐ効果が高いことを示した科学的なデータはない」とし、普通のせっけんと水を使って、正しい方法で手を洗うことが、家庭内だけでなく、学校その他のあらゆる場所で、さまざまな感染症の流行を予防するために最も大切だと述べています。FDAはなぜこのような結論に至ったのでしょうか。

 米国では以前から、殺菌消毒ソープ類の多くに活性成分として添加されているトリクロサンについて、人の健康や環境への悪影響を示唆する研究結果が報告されていました。動物実験では、トリクロサンが複数のホルモンの作用に影響を及ぼすことが示されています。また、トリクロサンが細菌の抗生物質への耐性獲得を促す(その結果、抗生物質の有効性に影響を与える)可能性を示した実験データもあります。トリクロサンのような殺菌消毒成分は、幅広い製品に含まれているため、日常生活において誰もが、頻繁かつ長期間それらにさらされる危険性があります。

 そこでFDAは、消費者向けの製品は安全で有効でなければならないという考え方に基づき、市販されている殺菌消毒ソープ類の活性成分の効果と害について、利用可能な文献を調べ、公開討論会も実施して、検討を重ねてきました。2013年には、有効性と安全性が明瞭ではない19の活性成分を選出し、製造会社などに、今後もそれらを含む製品の販売を継続したいのであれば、安全性と有効性を示す追加データを提出するよう求めました。

 ところが、どの成分についても、期限までに情報提供がなかったか、またはあっても不十分な内容でした。そこでFDAは、「これらの成分は、普通のせっけんと比較して、病気予防や感染症の拡がりの予防効果が優れているというデータと、長期にわたって毎日使用した場合の安全性を示す十分なデータはない」と判断し、市販のソープ類への添加は認めないと決定しました。

 19成分を含む製品は米国内に700種類以上ありますが、それらを販売している会社には、2017年9月5日までに、個々の製品からそれら19成分を除去するか、製品自体の市販を中止するよう、FDAは指示しています(下表)。

FDAが市販のソープ類からの除外を指示した19の殺菌成分

クロフルカルバン(ハロカルバンとも呼ばれる)
フルオロサラン
ヘキサクロロフェン
ヘキシルレゾルシノール
ヨードホール(包接化合物)製剤
├ ヨウ素複合体(エーテル硫酸アンモニウム、ポリオキシエチレンソルビタンモノラウレート)
├ ヨウ素複合体(アルキルアリルオキシポリエチレングリコールのリン酸エステル)
├ ノニルフェノキシポリ(エチレンオキシ)エタノール-ヨウ素
├ ポロキサマー・ヨード
├ ポビドン・ヨード(5~10%)
└ ヨード塩化ウンデコイリウム
塩化メチルベンゼトニウム
フェノール(1.5%以上)
フェノール(1.5%未満)
2級アミルトリクレゾール
オキシクロロセンナトリウム
トリブロムサラン
トリクロカルバン(トリクロロカルバニリドとも呼ばれる)
トリクロサン
トリプルダイ(ゲンチアナ・バイオレット、ブリリアント・グリーン、アクリフラビンからなる)

日本で多く使われているのはトリクロカルバン

 では、日本では、これらの成分はどの程度市販品に使われているのでしょうか。19成分の中には、国内では使用されていない物質や、医薬部外品(「薬用〇〇」と表記されることが多い)に添加することが認められていない物質が含まれています。また、うがい薬でおなじみのポビドンヨードなどは、日本薬局方に収載されている医薬品です。一方で、ヘキシルレゾルシノールは、国内ではソープ類ではなく美白化粧品の一部に添加されており、トリブロムサランは動物用医薬品に含まれる物質です。

 薬局やスーパーで購入できる固形せっけん、液体または泡状のハンドソープとボディソープで、現在も上記のリストに含まれている成分を添加している製品を探してみました(下表)。

国内で市販されている、いずれかの成分を含むソープ類

ポビドン・ヨードを含む製品

シオノギヘルスケア
├ イソジンウォッシュ (第3類医薬品)
└ イソジン泡ハンドウォッシュF (医薬部外品)
明治
└ 明治ハンドウォッシュ (第3類医薬品)

トリクロカルバンを含む製品

コスメティックローランド
├ デオタンニングソープ(柿渋石けん)
└ デオタンニング薬用ストロングソープ(柿渋石けん)
サントリー
└ 薬用+deo[プラス-デオ]デオドラントソープ (トリクロロカルバニリド)
双日コスメティックス
├ エスジェ 薬用柿渋エキス配合石けん
└ エスジェ 薬用柿渋エキス配合石けんDX
第一三共ヘルスケア
└ 薬用ピロエース石鹸
ペリカン石鹸
└ 薬用ファミリー柿渋石鹸 (表記はトリクロロカルバニリド)
ユゼ
├ からだのにおいを防ぐ薬用石鹸
└ 肌を殺菌しニキビも防ぐ薬用石鹸
ラムズ・マークス
└ 薬用ミョウバンせっけんEX (トリクロロカルバニリド)
レキットベンキーザー・ジャパン
├ 薬用ミューズ固形せっけんレギュラー
└ 薬用ミューズ固形せっけんマイルド

トリクロサンを含む製品

イオン
└ トップバリュ 薬用炭石けん
熊野油脂
├ ファーマアクト W殺菌 薬用ハンドソープ
└ ファーマアクト W殺菌 薬用泡ハンドソープ
クラシエホームプロダクツ
├ ナイーブ 薬用ハンドソープ 桃の葉
├ ナイーブ 薬用ハンドソープ お茶の葉
└ ナイーブ 薬用 泡で出てくるハンドソープ
第一三共ヘルスケア
├ クリアレックスW(ボディソープ)(医薬部外品)
└ クリアレックスフォーム(同上)(医薬部外品)
持田ヘルスケア
├ 薬用コラージュフルフル液体石鹸
└ 薬用コラージュフルフル泡石鹸

 このうち流通している商品の種類が最も多いと思われるのはトリクロカルバンで、見覚えのある商品名が並んでいます。トリクロサンについては、既に別の成分に置き換えた製品が多く、以前から使用している古い容器または小売店の陳列棚に残っている旧製品にはトリクロサン含有と表示されていても、現在製造されている製品にはトリクロサンが含まれていない場合があるため、最新の商品パッケージの成分一覧を見るか、メーカーのウェブサイトで確認してください。

 上記の製品を販売している会社のうち、レキットベンキーザー・ジャパン、双日コスメティックス、クラシエホームプロダクツは、9月10日までにプレスリリースを出しています。いずれも、トリクロサンまたはトリクロカルバンを配合している自社商品を明記するとともに、同系列の製品でそれらを含まないものを列挙しています。そして、厚生労働省の承認を受けてそれらの成分を含む商品を製造販売しており、これまでに健康被害等の報告はない、と述べています。

官房長官「日本でとるべき措置について検討する」

 一方、国はどのように対応しているのでしょうか。9月7日午後に行われた内閣官房長官記者会見で、この問題への日本の対応について問われた菅義偉氏は「FDAの措置に関する詳細を確認、日本において同様の成分を含む製品の確認を早急に実施し、調査結果を踏まえて、厚労省の審議会で、日本でとるべき措置について検討する」と述べています。

 正しい手洗いは、細菌感染だけでなく、インフルエンザやノロウイルスの感染も予防できます。厚生労働省提供の動画(*2)などを参考に、普通のせっけんでしっかり手を洗いましょう。
*2 厚生労働省「正しい手洗いの方法、インフルエンザにかからないために」

 なお、FDAの今回の判断は、市販のソープ類を対象とするもので、病院や介護施設で使われている消毒用せっけんや、ソープ以外の手指消毒用製品、除菌ウェットティッシュ類は対象外となっています。

情報源: 薬用せっけんに含まれる殺菌成分が健康を脅かす?:トピックス:日経Gooday(グッデイ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です