月別アーカイブ: 2019年9月

【Inside/Outside】観光の終焉を宣言したコペンハーゲンの歩き方 | コラム | シリーズ | ECOZZERIA 大手町・丸の内・有楽町 サステイナブルポータル

2019/06/25 文: 宇田川裕喜 キーワード まちづくり 地域 海外 都市

シリーズコラム 「Inside/Outside」
丸の内エリアのPRを担当しながら、米国・ポートランドやデンマーク・コペンハーゲンでも活動をするクリエイティブディレクター・宇田川裕喜が、海外で仕事をする中で見つけた未来をつくるビジネスの種となる新しい動きや考え方を、現場目線でご紹介する。
第三回目は、一時的市民として体験するコペンハーゲンをテーマにお伝えします。

訪日外国人旅行者が初めて3000万人を突破した2018年。2016年に政府が策定した『明日の日本を支える観光ビジョン』において掲げられた、「2020年、訪日外国人旅行者を4000万人に」という目標に向けて大きな弾みとなった。
この節目となる目標まで残すところ1年となった今、あらゆる施策が急速に進められている。今後1年の行動計画をまとめた「観光ビジョンプログラム」が示すところでは、魅力ある公的施設やインフラのさらなる公開・開放、文化財の多言語解説の充実、欧米豪を中心とするグローバルキャンペーンの推進、地域のDMOの育成強化など、多角的な施策が張り巡らされている。さらに2030年には訪日外国人旅行者6000万人を目指しており、今後も加速が進むことが予想される中で、「訪日」という括りに含まれる日本の各地域では、それぞれの戦略と成果がこれまで以上に求められているだろう。
こうした「観光先進国」の実現に向けたシビアな動きの中で、各地域において観光促進の取り組みをどのように考えれば良いのだろうか。

2017年に新しい観光促進戦略を発表し、注目を集めたデンマーク・コペンハーゲン。小国の小規模な首都だからこそ生まれたアイデアから、これからの観光のあり方を探る。

「観光の終焉」を宣言

2年前、大胆な言葉選びで新しい戦略を発表したデンマークのコペンハーゲン市のDMO(Destination Management Organization)。
英語で45ページにわたる宣言は、「”観光時代”に別れを告げて新たな時代を築きます。2020年、その先に向けて」の一文からはじまり、観光マーケティング担当であるはずの彼ら自己批判的な内容を交えてリズミカルに展開される。

・観光客として扱われたい観光客は激減した
・観光客は一時的な市民として接するべき、コミュニティに貢献できるはずであり、それがきっと魅力になる
・コペンハーゲン市民の生活こそが観光資源
・リトルマーメイドはなにも気持ち的なつながりを生まないが、市民は生んでいる
・マスメディアでキャッチコピーを届けることより、市民ひとりひとりからストーリーが伝わっていくことが大切
・ひとりひとりの体験が伝わっていくことがコペンハーゲンのブランディングの成功指標となる
内容としてはSNS時代を前提としたブランディング理論に基づいていて、先進的な街では他でも語られていそうな内容であるものの、メッセージ性が強く、これ自体がしっかりと目的地としてのブランディングになっている。

小さすぎる人魚像、高すぎる物価、休業期の長いチボリ公園、単調な料理といった10年ほど前までにデンマーク観光をした人なら誰しも抱いた印象は変わりつつある。Nomaをはじめ世界をリードするレストランが次々登場し、街には若い人がはじめた気の利いたカフェや雑貨店がどんどん増えている。しかし、いわゆる「観光」の視点で見たときに競争力のある街であるかと言われると、やはりロンドンやパリには見劣りしてしまう。ショッピングをしようにも市内のデパートとショッピングモールをあわせても大きな施設は4~5軒しかなく、話題の先進的なレストランを除くと旧態依然とした食環境であり、観光名所も少ない。冒頭で紹介している宣言はつまり、「その軸では、もう競争しません」という宣言でもあるはずだ。
ではそのコペンハーゲンでいま見るべきもの、いやDMOの言葉を借りれば”一時的市民として、いま体験すべきこと”とは。数年前からはじめた二拠点生活での経験から7つ挙げてみる。

1.コミュニティディナーでコミュニティの一員に


これはどの都市にいっても最も難しそうな体験だが、コペンハーゲンでは体験できる。たとえばヴェスタブロ地区の使われなくなった教会をリノベーションした多目的施設Folkehuset Absalonでは毎日午後6時からコミュニティディナーがある。これは時間厳守で、大皿で提供される料理はあっという間に各自に取り分けられるから遅刻はできない。そもそも大人気で毎日満員なので早めの時間から待っていないといけない。大テーブルに着いた順番に座る。料理をとりわけながら自然に会話が生まれる。ある時、若いアメリカ人の高校生が同じテーブルにいた。ケータイばかりみて、ちょっと話かけづらい感じの子。同じテーブルにいた白髪の女性二人組は、構わずどんどん質問する。どこから来たの、何の勉強をしているの、彼女はいるの。実はデンマーク人は、我々日本人が抱くような陽気で気さくな欧米人という印象の人は多くなくて、どちらかと言うと物静かな人が多いからこの会話もとても落ち着いた感じで進んでいる。食事が終わる頃にはこの高校生もすっかり打ち解けた。1時間ちょっとの間だけれど、確かにこのコミュニティに一時的に参加している感覚になる。
■Folkehuset Absalon

2.自転車生活


ありきたりのようだがコペンハーゲンの暮らしの魅力はこれが大きい。自転車専用道路は世界のどの都市よりも発達しており、市内の一部に通っている高速自転車道路の気持ちよさは特筆すべきだろう。観光客で混雑する中心部を除けば、ストレスなく移動でき、ニューヨークやロンドンのように自動車に殺されかけるようなこともない。市民の40%以上が自転車通勤をすると言われているが体感値もやはり高い。カジュアルな服装の職業でない人も多く自転車通勤をしている様子が見られる。これは同国では自動車には100%の税金がかかることが大きい。所得に50%〜60%の税金がかかった上でのその負担なので、地価の高い都市部での維持費を考えると自動車はとても贅沢で非効率なものになる。
公式に提供されるシェアサイクルもいいが、市民感覚を得るには街角の自転車店で現地の人が乗るような自転車を借りたい。
■Baisikeli

3.キャッシュレス生活

二拠点生活をはじめて3年、現金を銀行で下ろしたことがほとんどない。100円くらいの買い物でもすべてクレジットカードか同国独自の決済システムモバイルペイ。2013年の導入以来、爆発的に普及し、街角の屋台やストリートミュージシャンへのチップに至るまですべてキャッシュレス。これは増税後の日本でも一気に進むと予想されているが、ひとまず先に体験しておきたい感覚だ。
■Mobile Pay
※本稿執筆時点では日本発行のクレジットカードからは登録できない

4.コペンハーゲン運河での遊泳


コペンハーゲンの中心部は川のように見える運河が流れている。他の大都市同様、かつては汚染されていたものの、浄化が進んで泳げるレベルまでになった。夏の運河沿いには遊泳スペースが登場する。多くの人が行き交う都心部で泳ぐのはなんとも不思議な体験だが、SUPやカヤックを楽しむ人にまじって水の中から眺める街はなかなか新しい気づきがある。夏の街中で遊泳なんて騒がしい若者ばかりのような印象を抱くが、なかなかどうして落ち着いた人が多い。大人も子供も、おじいさんもおばあさんも、障害を抱えた人もみんな楽しく泳いでいる。世界的建築家ビャルケ・インゲルス率いるBIGがデザインしたHavnebadet Islands Bryggeは運河の上に浮かぶスイミングプールでその美しさも相まって地元でも人気。冬場は会員専用のサウナクラブになるが毎年2月~3月頃には非会員も参加できるサウナイベントが開かれ大変な賑わいになる。
■Havnebadet Islands Brygge

5.ダークトーンのコーディネート

市民として街にダイブする感覚を得るとしたらドレスコードは大切だ。コペンハーゲンのドレスコードは簡単。黒、グレー、ネイビー、ブラウン。多くの人が、信じられないくらい同じ色調でコーディネートしている。もちろんパーティーともなれば色とりどりのドレスでおめかしして揃うが、普段はとても地味。こだわりがないようで、なかなかこだわっている人が多くて、いい黒いTシャツだね、とかこれはいいダークブルーだね、なんていう微妙な色調についての褒めあいが行われる。街の洋服屋さんもよく観察していると、グレーだけで何色も用意されていたりする。

6.大胆なリノベーションで花咲くスモールビジネス


変わった使い方を発明するのが大人気。小さな湾全体をレストランに、ガソリンスタンド自体や駅のホームをハンバーガー店に。地価高騰のあおりもあって、物件は常に不足しているから、物件さがし自体にもクリエイティブな発想が求められている。市内に立ち並ぶ同じフォーマットで統一されたアパートメントビルにはかつての暖房設備で半地下1階がある。地域暖房が普及して不要になったスペースは多くが長らく物置だったが、店舗として利用されるように。中心部の繁華街周辺でよく見られる。秘密基地のような感覚がバーやコーヒー店にマッチして繁盛している。
■Gasoline Grill
Gasoline Grill 1号店(LANDGREVEN 10 – 1301 CPH. K)=ガソリンスタンド

Gasoline Grill  VESTERPORT STATION=駅のホーム

7. 平日のピクニック

夏になると日照時間が長くなり、午後9時くらいまでは太陽が出ている。暮らしも活発化して、夕方にもなるとあちこちの芝生でピクニックがはじまる。ワイン一本にチーズ、なんてお洒落な人たちもいれば、同国ではどこでも手に入るアルミ製の簡易BBQグリルを持ってきてさっとBBQをたのしむグループも。年齢層にも多様性があり、老夫婦も、学校帰りの子供と両親、同僚同士など様々なグループがあちこちで食事やボードゲームに興じている。
■Nørrebroparken

観光以外にもコペンハーゲン市のまちづくり戦略は先進的なものが多く、まちづくりの仕事をされている日本の方の視察も増加しているそう。視察というとどうしても企業・団体、インフラに即したものが多くなるが、街に飛び込む人を歓迎する方針を打ち出している街だからこそ、「一時的な市民」としてたのしむことをお薦めしたい。言葉の壁が気になるところだが、70代以下のほとんどの人が英語を話せるし、同国の文化では英語が下手な人を笑うようなことは恥ずかしいこととされている。
自治体人口60万人、都市圏人口が200万人、国全体の人口で570万人。小国の小規模な首都だからこそのアイデアは、市民生活レベルから見てこそ得るものがあるはずだ。

情報源: 【Inside/Outside】観光の終焉を宣言したコペンハーゲンの歩き方 | コラム | シリーズ | ECOZZERIA 大手町・丸の内・有楽町 サステイナブルポータル

情報源: 【Inside/Outside】観光の終焉を宣言したコペンハーゲンの歩き方 | コラム | シリーズ | ECOZZERIA 大手町・丸の内・有楽町 サステイナブルポータル

37 Ideas To Reduce Your Reliance On Plastic

November 21, 2014
by Lorraine Chow

37 WAYS TO SHRINK YOUR USE OF PLASTIC


Americans discard 14.4 million tons of plastic a year, but there are many easy ways to reduce plastic consumption.
Justin Sullivan/Getty Images

THIS OIL-BASED, LANDFILL-CLOGGING MENACE LURKS IN LOTS OF SURPRISING PLACES.

Plastic has an undoubtedly convenient but worrying presence in our lives. Everyday items such as wrappers, bottles and even chewing gum (yes, it’s made of plastic!) are thrown away without much thought. In fact, Americans discard 14.4 million tons of plastic a year, and only 13 percent of it is recycled.

This leads to a devastating problem, as the chemicals in plastics have been known to have adverse effects on our bodies as well as the planet. It’s gotten so bad that in the Pacific Ocean a plastic island has formed that’s twice the size of Texas — leaching chemicals, harming marine life and destroying ecosystems. However, you can help curb the impact of this environmentally hazardous material by implementing the following practices:

1. Give up buying beverages that come in plastic bottles. About 2.4 million tons of this plastic — known as polyethylene terephthalate (PET) — is discarded annually, with 75 percent going straight to the landfill. Invest in a stainless- steel bottle or opt for soda or other beverages that come in glass bottles or paper cartons.

2. Stop using disposable cups. From Styrofoam to Solo cups to plastic-lined paper cups, these beverage holders have a lifespan of about half an hour. This is why you should make it a habit of bringing your thermos or tumbler every time you hit the coffee shop or a fast food restaurant.

3. And since you’re now going to use your own beverage container, you can also ditch those single-use straws, stirrers and lids.

4. If the coffee shop uses plastic cups or cutlery but doesn’t have a recycling bin, take these items home with you and recycle them yourself.

5. Repurpose the plastic that you already have. Cups and yogurt tubs make great planters, and bags can be woven into baskets or mats. The tops of water bottles can be sliced off to make awesome seals for bags of food.

6. Skip the freezer section. While TV dinners may be convenient, they tend to come wrapped in excessive packaging.


Avoid disposable cups and single-use brewing pods.
David Wright/Flikr

7. Choose loose fruits and vegetables instead of bagged produce, such as carrots, apples and lemons. By doing so you avoid using plastic and it allows you to buy only what you need, so there’s less food that could spoil and go to waste. Even better? You might save money, too.

8. Fill up on grains, cereals, nuts and other kitchen staples at the bulk bin. Be sure to bring your own bags or containers from home when purchasing these items.

9. Shop local. Frequent farmers’ markets for fresh produce and eggs, bakeries for bread and butchers for meats since they often use less packaging to wrap items.


Plastic containers can be re-purposed as planters.
Miguel Checa/Flikr

10. Later on, return all your plastics — baskets, containers and jars — to the farmers’ market vendors for reuse. (They’re bound to appreciate your action.)

11. You probably know this already, but it bears repeating: Say no to plastic bags. Why is it so important to take your reusable tote (preferably made of canvas, cotton or hemp, not vinyl or polyester) each time you head to the supermarket? It takes 12 million barrels of oil to manufacture the 102 billion plastic bags that Americans use annually,according to the United Nations. So keep several reusables in your car or handbag, and if you must use a plastic bag, remember to recycle it later on. It’s easy to do, since many grocery stores have their own bag-collection bins.

12. Try growing your own food at home. Salad vegetables and herbs are really easy to grow in the garden, a hanging basket or on a windowsill. By doing so, you avoid buying produce that comes in plastic packaging.


Open air markets reduce waste, especially if you bring your own bag.
Justin Sullivan/Getty Images

13. Buy detergent that comes in cardboard boxes instead of plastic containers. Better yet, pop in a few soap nuts (a magical dried berry that works as an all-natural cleaner). Or if you like to DIY, try this homemade three-ingredient laundry detergent.

14. Clean your home with all-natural ingredients that you might find in your kitchen — baking soda, lemons, vinegar — rather than buying bottles of toilet cleaner and bleach.

15. At the dry cleaners, bring your own garment bag for pickups or ask for your clothes to be returned free of plastic wrap.

16. Line your garbage bins with paper bags or biodegradable trash bags instead of buying plastic trash bags. Earn extra eco-points by starting a compost heap for your organic waste.

17. For condiments such as ketchup, mustard and salad dressing, choose varieties that come in glass jars instead of squeeze bottles.

18. Swap your synthetic sponge for a cotton washcloth or try doing your dishes with one of the cellulose varieties, which are made of wood fiber.


Cork bottle stoppers are biodegradable.
Andrew Caballero-Reynolds/Getty Images

19. For parties or at work, avoid using disposable cups and plastic utensils. Use real silverware and cups and wash them later or purchase compostable ones.

20. Stick to wines that have cork stoppers instead of synthetic stoppers, since the natural material is completely biodegradable.

21. Place a lid or a plate on top of leftovers instead of reaching for plastic wrap. Mason jars or ceramic containers are also a great alternative to Tupperware and Ziploc baggies.

22. Wrap food in aluminum foil or try beeswax-coated food wraps that can be used repeatedly.

23. Reuse the bags that hold baked goods like bread for cleaning up after your dog.

24. Swear off single-use coffee pods. We know they are convenient, but if you care about the planet, an old-fashioned coffee machine with a reusable filter works just as well.


Cloth diapers are far less wasteful than disposables.
rowdyHarv/Flikr

25. Wear natural, organic textiles instead of synthetic ones such as nylon, acrylic or polyester. Did you know that in an average wash, 1,900 fibers come off a single synthetic article of clothing and that this is one of the most common types of plastic pollution in our oceans?

26. Try to use soaps, lotions and shampoos that come in solid bars instead of liquid form in a bottle.

27. Avoid cosmetic products with microbeads (which might be included in the ingredients list as polyethylene or polypropylene). These tiny plastic beads are causing big environmental problems in our Great Lakes.

28. For hair care, skin care and other beauty products, find varieties that come in glass or metal containers. Believe it or not, but there are even plastic-free options for products such as mascara and deodorant, which seem to only come in plastic tubes.

29. Use paper tape instead of Scotch tape when mailing large items.

30. Buy cloth diapers instead of disposable ones. They might be messier, but they create much less waste compared with disposables, which don’t decompose and amount to a stunning 4 million tons of landfill waste per year.


Electronics account for millions of tons of waste.
Uriel Sinai/Getty Images

31. Unload old electronics in a responsible manner. A large portion of plastic waste comes from discarded televisions, fax machines, keyboards, cell phones and other tech gear. According to the EPA, 37 million tons of electronic waste was tossed in 2009 (an amount that’s surely increased since then). You don’t need the latest smartphone if the one you have works perfectly well. And if your device is acting a little wonky, try repairing it. Take electronics that are no longer functioning to e-waste facilities that can dispose of them.

32. For difficult-to-recycle plastics (toothbrushes, cigarette butts, food wraps, beauty products, etc.) that are usually landfill-bound, check out TerraCycle. You’ll be surprised what items this innovative company repurposes.

33. Use matches or invest in refillable metal lighters such as Zippo instead of disposable ones that aren’t recyclable.

34. Shave with razors that have replaceable blades, not whole disposable ones. Or consider using a safety razor that you can simply sharpen.


Opt for wood or cloth toys, rather than plastic.
ninacoco/Flikr

35. Be mindful of the material used in toys. Plastic varieties might contain BPAs, phthalates and other harmful chemicals that could harm young children and pets. For kids, choose wood or cloth-based toys, and for pets, buy catnip for cats and squeaky stuffed animals or large ropes for dogs.

36. Burn candles (soy or beeswax, not paraffin) or incense, instead of buying air fresheners in plastic holders.

37. Lastly, learn how to correctly recycle plastic. Get familiar with the triangle-shaped recycling symbol on the bottom of most bottles and containers. As we previously reported, most recycling centers will collect Nos. 1, 2 and 5 plastics such as water bottles and Tupperware. Plastics that are Nos. 3, 4 and 6, like disposable cups and vinyl shower curtains, are moderately recyclable. This leaves plastic No. 7, which is nearly impossible to recycle because it’s made of a combination of all types of plastic (which means you should avoid using it if possible).

情報源: 37 Ideas To Reduce Your Reliance On Plastic

海の極小プラスチック繊維について私たちが知っていること – クリーネストライン

海の極小プラスチック繊維について私たちが知っていること
パタゴニア  | 2016/07/14

フットプリント・クロニクル
プラスチックの海洋環境への影響については、テキサス州規模の太平洋ゴミベルト、クルーズ船から排出されて海岸に流れ着くペットボトル、工場規模のトロール漁船が破棄した「幽霊」網と漁具など、多々報告されてきました。また今年はじめには海洋プラスチックについての新しいレポートが世界経済フォーラムにて発表され、プラスチック汚染の重要さを強調しています。それは「2050年には、海には魚よりプラスチックの方が多く存在するだろう」と報告し、その主な原因にはプラスチック包装を挙げています。CNNは「世界はプラスチックのゴミであふれている」と宣言しました。この研究ではプラスチックの包装原料の95%がたった一度使われただけで経済活動から失われ、そのコストは800億〜1,200億ドルにのぼると報告しています。そしてこのプラスチックの相当量は環境に残置され、経済だけでなく惑星の健康により大きな被害を及ぼしています。

包装はこの問題の最大の要素ではありますが、プラスチック汚染の唯一の原因ではありません。最近焦点が当てられているのは、化粧品や歯磨き粉やその他の消費者製品に入っている、汚水処理工場でフィルターされるには小さ過ぎるマイクロプラスチック・ビーズという極小のプラスチック粒子の禁止、または使用停止の提唱です。これらは私たちの洗面台やシャワーから出て処理工場を通過し、海に流出して、ウミガメ、海鳥、そして魚(そしてひいては人間)の体内に入り込みます。

マイクロプラスチック汚染には化繊の衣類のマイクロファイバー(長さ5ミリ以下)も含まれます。それはポリエステルのフリースやナイロン製ショーツ、その他広範囲に及ぶ種類の衣類を洗濯する際に抜け落ち、処理工場のろ過システムを通過してしまうものです。これら化繊のマイクロファイバーは海、海岸、川、湖などに放出されてしまうことがあり、その一部は土壌にも至ります。処理工場で廃液からうまく分離されたマイクロファイバーも、土壌肥料として使われるスラッジに残っているからです。これは製造する衣類の多くが化学繊維製のものである私たちにとっては、ことに急所を突く問題です。

私たちが知っていること、知らないこと

私たちは一回の洗濯の際、化繊の衣類一着から何千もの化繊マイクロファイバーが抜け落ちていることを知っています。またマイクロプラスチック・ビーズに対して化繊のマイクロファイバーは一貫性のない形でより小さな生命体に脅威を及ぼしうること、そして食物連鎖に侵入し、人間の体にまで入り込む可能性があることを知っています。

私たちはまた、私たちが多くのフリースを売っていることもわかっています。他のアウトドアおよびアパレルブランド(そしてその他の産業)が作り、売るすべてのポリエステルとナイロン製品を組み合わせると、私たちが製造するものが重大な問題となるかもしれないことも理解しています。

しかしながら、海の化繊のマイクロファイバーについての一般の議論が高まっているなか、多くのことは未知です。たとえば生命体への危害の程度は分かっていませんし、化繊のマイクロファイバーの否定的影響が海のプラスチック汚染(あるいは気候変動などその他の差し迫る環境問題)という広範な問題にどう比較するのかについても理解していません。そして繊維の質あるいは洗濯技術などの潜在的に鍵となる変数が、家から海までのマイクロファイバーの進路にどう影響するかについても、つい最近学びはじめたばかりです。

20ミクロンのフィルターで撮影されたファイバーの画像。1ミクロン(またはマイクロメーター)は1メートルの100万分の1(1センチは1メートルの100分の1)に当たる。このファイバーはパタゴニアのジャケットを洗った洗濯機からの流水をろ過して捉えたもの。写真拡大率は千ミクロン。 Photo: Shreya Sonar(カリフォルニア大学サンタバーバラ校ブレン環境科学・経営スクール)
20ミクロンのフィルターで撮影されたファイバーの画像。1ミクロン(またはマイクロメーター)は1メートルの100万分の1(1センチは1メートルの100分の1)に当たる。このファイバーはパタゴニアのジャケットを洗った洗濯機からの流水をろ過して捉えたもの。写真拡大率は千ミクロン。 Photo: Shreya Sonar(カリフォルニア大学サンタバーバラ校ブレン環境科学・経営スクール)

予備知識を得る

昨年、この問題への膨らむ懸念から、また産業を代表してその調査をしたいという願いから、パタゴニアはカリフォルニア大学サンタバーバラ校のブレン環境科学・経営スクールの著名な環境微生物学者パトリシア・ホルデン博士の指導のもと、研究プロジェクトを委託しました。その「マイクロファイバー汚染とアパレル産業」と題された研究が最近完了し、その結果はこちらでご覧いただけます。

2016年度のブレン・スクールの修士課程の学生であり、このプロジェクトに貢献した学生たち(ニコラス・ブルース、ニコ・ハートライン、ステファニー・カーバ、ベス・レフ、シュレヤ・ソナー)はホルデン博士の監督のもとで素晴らしい仕事をし、この問題についてのさらなる理解を援助してくれました。製造技術の影響および洗濯工程における異なる種類の洗剤の影響はテストされなかったものの、この研究は次の結果を提示しました。

・ パタゴニアおよびポリエステルとナイロン衣類のその他の製造業者は、海のマイクロファイバー汚染の重要な一因である可能性が高いが、その量およびそれが発見された生態系に及す危害は未知である。
・ ブランドと品質は重要問題である。この研究では、品質の低いノーブランドのフリースはパタゴニアの品質の高い製品に比べて、その寿命全体にわたり約170%多いマイクロファイバーが抜け落ちる。
・ 汚染の経路において重要な段階にあるのは洗濯機である。私たちはトップローダー式洗濯機で洗ったジャケットは、フロントローダーのそれと比較して7倍以上のマイクロファイバーを排出していることを学んだ。
・ 排水処理工場のフィルターは65%〜32%のマイクロファイバーをろ過しているが、それでも重大な量の廃棄物を環境に放出している。
・ マイクロファイバーの抜け落ちには衣類の構造が影響する可能性が高い。

今後の措置

パタゴニアは最近、助成金プログラムを通して資金提供してきた数団体を含む科学者、研究者、公共政策提言者のグループをベンチュラのパタゴニア本社に招集し、科学研究の現状について公開討論を開きました。基本的にはいま分かっていること、そしてより重要な、まだ分かっていないことについての討論でした。これは両面においてとても啓発的なものでした。

化繊のマイクロファイバーがどの程度海の生態系に害を与えるかについては、さらなる研究が必要です。この情報は、ひいては問題自体の理解だけではなく私たちが直面する緊急の環境問題という、より幅広い背景においてこの問題を評価するのに役立ちます。それでもなお、私たちはこの問題のおかげで当問題に対する私たちの責任について、初期の理解をすることができました。私たちは業界の他社をはじめ、他の業界の各社もこれを念入りに読んでいただくことを願っています。

この初期情報を手にし、パタゴニアは今後数か月間、鍵となる分野にていくつかの措置を取ります。

・ 業界:
〈アウトドア産業協会〉を介して同業者と競合他社を集め、より深い知識と将来の行動を探るための協同的アプローチの構築に取り組む。

・ 原料:
化繊マイクロファイバーの抜け落ちを査定するための基準を製品ラインの新素材の研究、テスト、開発および適用に統一する方法を模索する。

・ 電化製品:
電化製品製造業者に働きかけ、商業用および家庭用洗濯機により有効なろ過プロセスをもたらす潜在的な努力と、撹拌技術を含む洗濯機の機械設計が化繊マイクロファイバーの放出に及す影響についての研究に取り組む。

・ 助成金支給と戦略的投資:
海のマイクロファイバーの問題についての意識を高める非営利団体の仕事の援助を継続する。(過去5年間、助成金プログラムを通して〈アルガリタ・マリーン・リサーチ・ファウンデーション〉〈アドベンチャー・アンド・サイエンティスツ・フォー・コンサベーション〉〈サーフライダー・ファウンデーション〉〈ファイブ・ジャイア・インスティチュート〉を含む海のプラスチック汚染問題に取り組む団体に約18万ドルを寄付。またターサス・ソリューションズという水を使わない繊維加工会社に「20ミリオン&チェンジ」から投資。ターサス社の技術は商業ランドリーに適用されており、彼らの革新が徐々に汚水システム内に蔓延するマイクロファイバーを減少させることに期待している)

私たちはプラスチックを基盤とする経済で暮らしており、私たちがプラスチック原料を使用する多くの分野において環境に危害を与える廃棄物を生み出していることは明らかです。私たちは海、そしてその他における化繊マイクロファイバーの蔓延、影響、起源についてより知るようになっており、私たちが注目すべき問題であることは明白です。パタゴニアでは知識を深め、考えを寄せ集めること、そして私たちの産業が直面するであろう問題に付け焼刃の解決策を求めるのではなく、直接関与することが長期的に環境に恩恵をもたらす結果となると強く信じています。だからお客様にこの問題について包括的にご報告すべきであると切に感じました。今後の進展についても随時お知らせしていきます。

お客様にできること

・ これまでと同様、必要なもの以外は購入しないでください。私たちが作り、そして皆さまが消費するすべてのものが地球に否定的な影響を及します。
・ 高品質で丈夫な化繊の衣類を必要な際にご購入ください。
・ できるだけフリースの洗濯の回数を減らしてください。

海のプラスチック汚染というより大きな問題については、使い捨てのプラスチックへの依存を削減するために皆さまができることについての素晴らしいリストを〈ネイションスウェル〉が提供しています。ぜひご覧ください。

#マイクロファイバー

著者プロフィール

パタゴニア 
パタゴニアのミッション・ステートメント
「私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む。」
パタゴニア のストーリーをすべて見る

情報源: 海の極小プラスチック繊維について私たちが知っていること – クリーネストライン

地理学を学ぶ私が見るサンゴ礁(史学地理学科・長谷川均)/研究活動に関するニュース一覧/研究活動|国士舘大学 文学部

私が学部生から大学院生になりたての頃(1977、8年頃)の話です。大型計算機でプログラムを走らせる不自由さから何とか解放されたいと思っていたとき、アメリカからパソコン(当時はマイコンとよんでいた)がやってきました。タンディのTRSとかコモドールのPETというブランド・・・・。日本でもNECやSHARPが相次いで販売を開始します。奨学金やアルバイト代のほとんどすべてをつぎ込んで、本体やオプションを買い集めました。その頃私は先生方から、おもちゃ集めは止めろとか、もう少し真面目に本業に打ち込めとか、さかんに小言を言われたものでした。人の言うことを聞く方ではないので、すべて無視です。この頃から、私の研究にコンピュータは欠かせなくなりました。

当時、研究者の世界では、ひとつのテーマを長年にわたって取り組むひとが多かったような気がします。いまでもそういう人が評価されていると思います。私は新しもの好きで、目についたものにすぐに飛びつく癖があります。地形学を教えるということで国士館大学の地理に雇われたと思うのですが、コンピュータを使う「リモートセンシング(衛星データを使って地表環境の変化を探る技術)」や「GIS(地理・地図・空間情報を結び付けて分析する技術)」を覚えてからというもの、このような道具を地理学研究に使わない手はないと思いました。それに、落穂拾いのような研究は性に合わない、移り気で新しもの好きということもあり、私の研究テーマや対象は頻繁に変わりました。今でも、できれば新しいテーマで打って出たいと思っています。「私のライフワークはこれです」という世界とは対極にいたいのです。

サンゴ礁の研究は、30代になりたての頃から始めました。これに関しては飽きずに結構長く、いろいろなことやっているので、同業者は私のことをサンゴ礁地域に長くいるけれど、いったいあの人は何をやっているの というふうに言っているでしょう。サンゴ礁に目が移ったのは、ただひたすらに美しかったからです。サンゴ礁に通い始めたころ、周りには当時流行のローム層にまみれ、泥んこになりながら地道に調査している人が多かったせいか、自分は違うことで目立とうと思ったのかもしれません。

最近掲げているもう一つのテーマ「中東の自然地理」は、50代の半ばに目ざめました。この成果はそろそろと思っています。「いっこうに論文を書かないじゃないか」と、先輩研究者から嫌味を言われるたびに「あんたみたいに成果の安売りはしない主義だ」と言っているのですが、10年も経つとその言い訳も効かなくなってきました。あまりダラダラ書けないので、ここでは30年以上付き合っているサンゴ礁の話を少しだけしましょう。

「地球温暖化に伴う環境悪化」という話が出ると、たいてい被害者としてサンゴが登場します。サンゴが被害者だというのは当たっているのですが、温暖化と同じくらいの被害を、サンゴは人為による環境悪化から被っています。しかし、これはだいたい隠されてしまいます。地球温暖化の被害者としてサンゴを象徴的に使うことで、政治家や行政は温暖化を隠れ蓑に使うことができるからです。また、研究者は「地球温暖化」に付く研究費を獲得しようと躍起になっています。埋め立て、流域からサンゴ礁へ流れ出す土壌や汚水、農薬・・。これらの影響でサンゴ礁環境は悪化の一途をたどっているのですが、地球温暖化のせいにしてしまえば、当面の対策から逃げることができますし、悪事を隠すこともできるというわけです。理系の研究者にとっては、国や行政にたてつくより、目をつむって研究費をもらうほうが賢いやり方です。

ところで私は、生物としてのサンゴを扱う生物学者ではありませんし、サンゴ礁の生態系を対象に研究している生態学の専門家でもありません。しかし、サンゴ礁の中で何か不気味な変化が進行していることは直感で判っていました。同じ海に、長年にわたって通い続けていたからです。ここでは、私が少し前にまとめた、離島の事例を紹介しましょう。この研究では、リモートセンシングやGISを地理学の立ち位置で使い、ある学会の論文賞を受賞しました。ここでは、サンゴとサンゴ礁を使い分けていますが、サンゴは動物、その死骸・骨格が固結し累々と重なって形成された地形がサンゴ礁です。写真1はサンゴ礁の外側の写真ですが、これらの地形は造礁サンゴの骨格が積み重なって形成された、とても新しい地形です。

写真1 サンゴ礁の外側の地形。方形枠を置いてサンゴの被度を計測する。この様な場所では、陸域の影響を受けにくいこともあり海草類は繁茂していない

写真2 干潮時をねらって海草の調査をする学生

図1を見てください。1972年以降、サンゴ礁の浅海域で海草が生息域を広げていくのが判るでしょう。海草は成長が早いので、サンゴを上から覆います。サンゴは、生きるためのエネルギーを共生している藻類が行う光合成栄養物からもらっています。海草に覆われてしまうと、そのエネルギーが得られません。ですからサンゴは、とても不自由な生活を強いられることになります。それどころかしだいにサンゴの生息域が狭くなり、サンゴ礁では大きな環境変化が生じることになります。1972年を境に、なぜこの様な変化が起こったのか・・。おそらくそれは、沖縄県の本土復帰に伴う大規模な土地改良事業の影響と思われます。写真2は、海岸線のすぐ近くに繁茂している海草類の分布を調べている様子です。


図1 サンゴ礁浅海域で拡大する海草藻場

図2では、このサンゴ礁に流れ込む陸域の変化を示しています。土地利用が、1972年頃から急激に変わってしまったことが判ります。また、近年は肉牛の生産地として流域の牛舎から大量に排出される牛の糞尿がサンゴ礁を富栄養化している影響もあると考えられます。このような陸域の変化が、サンゴ礁の生態系を変えてしまったことを様々な証拠から明らかにしました。


図2 サンゴ礁に流れ込む河川流域の土地利用変化

ところでみなさんは、サンゴの移植という話を聞いたことはありませんか。失われたサンゴ礁の景観を、水槽で育てたサンゴを海に移植することで再生しようという試みです。この研究や事業には莫大な税金が使われています。「環境タレント」や「環境保護に熱心な企業」を使った組織的な情宣も行われています。しかし、サンゴが復活することなど決してありません。サンゴ礁が再生すると信じて移植作業に参加する善意の人たちを欺くことをやっています。一見きれいな海に見えても、流域の環境から見直しをしなければ、移植したサンゴは死んでしまいます。

サンゴ礁を守るためには、海の中の養生だけを考えても意味がありません。流域を含めた対策が必要です。陸が変われば海も変わってしまうのです。行政の人たちは、このような見方をしてきませんでした。その結果、沖縄ではサンゴの海が死んでゆくことになってしまいました。

私は最近人工衛星のデータを使って、沖縄本島周辺海域の変化を追跡しています。地表から数百キロ上空を飛ぶ衛星から判るほどの大きな変化が起こっています。悪い方向への変化ですから、新しいことが判っても、気は重くなってしまいます。最期まで見届けなければなりませんが、その最期が、良い方向へ転換して終わることを願いつつ、自分の研究成果を利用できないかと考えています。

地理学の面白いところは、さまざまなツールを使って、他分野の研究者が気づかない現象を捉えることではないかと思っています。あるいは、他分野の人たちがまとめきれない現象を、知恵を使って紐づけしてゆくことができるのが地理学ではないかと思います。これを可能にするためには、専門バカではだめです。いつまでも好奇心を忘れずに、新しもの好きを続けていきたい。それが私の生きる道かな。

この文章を書いたまさに今日、知り合いが「世界」という雑誌(2017年12月号)に『サンゴの移植は環境保全措置となり得ない』を書いたよと言ってきました。さっそく帰宅途中に本屋で買い、いま読み終えたところです。この人は、私の教え子世代の若い女性生物学者です。理系人間なのに、社会のこと政治のことに好奇心があり発言を続けています。普段から「失うものなんかないよ」と言うだけあって、歯に衣着せぬすばらしい論考です。みなさんにも、ぜひ図書館で読んでほしいです。

<筆者略歴> 長谷川均(はせがわ ひとし)
1953年 新潟県生まれ。
文学部・地理・環境コース・教授。博士(理学)。
サンゴ礁地域の環境保全や中東地域の自然を専門とする。
主な著書
「リモートセンシングデータ解析の基礎」(1998年 古今書院)
「熱い自然(共編著 1990年 古今書院 )」
ホームページ
http://bungakubu.kokushikan.ac.jp/chiri/Teacher/Hasegawa

情報源: 地理学を学ぶ私が見るサンゴ礁(史学地理学科・長谷川均)/研究活動に関するニュース一覧/研究活動|国士舘大学 文学部

CNN.co.jp : サンゴ礁に有害な日焼け止め成分、禁止法案を可決 ハワイ州

2018.05.03 Thu posted at 15:05 JST

ハワイ州でサンゴ礁に有害な日焼け止め成分の販売などを禁止する法案が可決された

(CNN) 米ハワイ州議会は3日までに、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めの販売を禁止する法案を可決した。成立すれば、米国では初めての措置となる。

可決された法案は、成分にオキシベンゾンとオクチノキサートが含まれる日焼け止めを、免許を持った医師の処方箋(しょほうせん)なしで販売したり流通させたりすることを禁止する内容。イゲ知事の署名で成立すれば、2021年1月1日から施行される。

非営利の学術団体によると、紫外線カット成分のオキシベンゾンとオクチノキサートは、ハワイの海洋環境に重大な被害をもたらす原因になっている。

こうした化学物質は海水浴客の遊泳や排水処理場からの排水を通じて海水に流れ込み、若いサンゴに染み込んで、白化現象を引き起こす原因になっていることが、これまでの調査で分かったという。

2015年に学術誌に発表された論文によれば、世界のサンゴ礁に流れ込む日焼け止めの量は、年間約1万4000トンに達する。

そうした被害からサンゴ礁を守ろうと、ハワイアン航空は先月から、問題の成分を含まない日焼け止めのサンプルを乗客に配り始めた。

機内では環境問題やサンゴ礁への影響について解説するドキュメンタリーも放映している。

情報源: CNN.co.jp : サンゴ礁に有害な日焼け止め成分、禁止法案を可決 ハワイ州 – (1/2)

英国で使い捨てプラスチック「全面禁止」へ、海洋ゴミを撲滅 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

テクノロジー 2018/05/06 08:00
英国で使い捨てプラスチック「全面禁止」へ、海洋ゴミを撲滅

Trevor Nace , CONTRIBUTOR
I cover geology, earth science, and natural disasters.

wonderisland / Shutterstock.com

イギリスが使い捨てのプラスチック製品の販売を禁止する。禁止対象にはストローや綿棒なども含まれ、早ければ2019年から施行される。メイ首相は「プラスチックごみはイギリスが直面する最大の環境問題の1つである」と述べた。

今回の発表でイギリスは、25年間の環境行動計画の一環である、不必要なプラスチックごみを無くすという目標に一歩近づいたことになる。これは英国の川やビーチ、海に捨てられるプラスチックごみの削減につながり、海洋生物による誤飲を防ぐこともできる。

イギリスではこれまで、レジ袋に対する課税やマイクロビーズの禁止によってプラスチックの削減に成功している。食料品店などで使われるレジ袋に課税したことで、その使用率は90%も下がり、90億枚の使用を減らした。

今回発表された使い捨てプラスチック製品の禁止は、業界と協力して進めていく方針だ。ファストフード業界にとっては痛手となりそうだが、マクドナルドはすでにイギリスにおいてプラスチック製のストローの廃止を始めている。

英国政府は「世界の海には1億5000万トンのプラスチックごみが漂っており、毎年100万羽の鳥や10万匹以上の海洋哺乳類がプラスチックを食べたり、プラスチックに絡まったりして死んでいる」としている。

しかも、そのプラスチックごみの量は2015~2025年の間に3倍に増えると推測されている。英国は最近、ペットボトルに対するデポジット制の導入も発表した。ペットボトルを使った商品を購入する人に預かり金を払ってもらい、ペットボトルを返却した時に返金する仕組みだ。

イギリスでは毎年85億本のプラスチック製ストローが捨てられているが、使用が禁止されることにより、この数字が減ることが期待される。

メイ首相は「プラスチックごみは世界が直面する最大の環境問題の1つであり、海洋環境を保護することは英連邦諸国首脳会議の中心的なアジェンダだ」とした。アメリカではレジ袋に対する規制はまだ段階的で、都市レベルで使い捨てプラスチック製品の禁止や課税を導入している。
編集=上田裕資

情報源: 英国で使い捨てプラスチック「全面禁止」へ、海洋ゴミを撲滅 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

ハワイで世界初の「日焼け止め禁止」法案が施行予定 – ハワイプレス


2018 06.24 記事一覧を見る
ホーム > ハワイに関する新着情報 >

アロハ〜、アンドユークリエーションズ/ドルフィン&ユーのスタッフのゆいです。

先月の5月1日に、ハワイ州では「有害な化学物質が含まれている日焼止め販売禁止」という法案を可決しました。この法案が施行されると、世界初となりアメリカでは最初の州となります。現在は、イゲ州知事の承認を待っているところです。また、施行は、2021年からの予定です。

なぜ、禁止されるのか?

まず、ハワイがこの法案を受け入れた理由。それは、サンゴ礁を守る為なんです。この法案によると、オキシベンゾンとオクチノキサートという物質がサンゴ礁や海洋生物たちに悪い影響を及ぼすことがわかったからです。特にサンゴの白化を加速させたり、成長段階にあるサンゴ礁が死んでしまう可能性があるということです。

ハワイでは、ここ5年ほどの間、このサンゴ礁の白化現象が問題となっていました。サンゴ礁は栄養を失うと白くなり、やがて死んでしまいます。サンゴ礁は、もともと綺麗な海で生息しているもの。ハワイで白化現象が問題となっているということは、海が確実に汚れてきているのだと思います。もちろん、地球温暖化や生活排水の影響もあるかもしれません。とにかく、サンゴ礁が死んでしまう前に蘇ってもらわないと困ります。サンゴ礁は、世界の海域の0.2%だけです。そして、そこには、海洋生物の30%が生息しているそうです。海水の二酸化炭素の調節もしてくれています。

この有害物質は、現在流通している3500種類以上の日焼け止めに含まれているそうです。環境の専門家によると、年間に約1万2千トンの日焼け止めがサンゴ礁に流れ込んでいという研究結果があるそうです。

多くの自然保護団体やハワイOHA (Office of Hawaiian Affairs)がこの法案を支持しています。

私たちができることは?
世界中からたくさんの観光客がやって来るハワイ、みんなが大好きなハワイが抱える問題は、ここに観光でやって来るみなさんの力が大きく必要になってきます。

では、日差しの強いハワイでは、どうしたらいいのでしょう。もちろん、このような成分が入っていない環境に優しい日焼け止めを使うということ。また、物理的(ラッシュガードを常に着用するなど)に日焼けを防ぐということも大切かもしれません。

ハワイで世界初の「日焼け止め禁止」法案が施行予定
私たち、野生のイルカと泳ぐツアーを行っているドルフィン&ユーは、ハワイ州のエコツーリズム協会からエコフレンドリーツアーに認定されており、海を汚さないために全力で取り組んでいます。イルカと泳ぎにくるお客様へは、安全な日焼け止めを販売しています。また、ウエットスーツやラッシュガードの着用をお勧めしています。これらを着用することで、日焼け止めを塗る範囲が狭くなるからです。

私たちスタッフももちろん、ラッシュガードを毎日きてます。

ドルフィン&ユーの日焼け止めやラッシュガードは、私たちのお店「トレジャー&ユー」で購入できます。その他のお店で日焼け止めを買う時は、Reef Safe と書かれているものを買ってくださいね。

Treasures and You、307 Lewers St.、tel: 808-699-4414、open: 7:30am – 8:00pm

情報源: ハワイで世界初の「日焼け止め禁止」法案が施行予定 – ハワイプレス

【世界初】大久保奈弥准教授らの研究グループが、マイクロプラスチックがサンゴと褐虫藻の共生関係を阻害する研究成果を発表|大学ニュース|東京経済大学

[2018.07.09]

東京経済大学経済学部の大久保奈弥准教授らのグループは、海洋生態系において重要な役割を担うサンゴと褐虫藻の共生関係がマイクロプラスチックにより阻害されることを、サンゴとそのモデル生物であるイソギンチャクを用いた実験により世界で初めて発見しました。

多くのサンゴにとって、褐虫藻が体の中に共生することは生き残るための必須条件です。マイクロプラスチックが海洋生物の相互関係(共生)を阻害するという知見はこれまでになく、世界中で危機に瀕するサンゴへの被害や、また、海洋で共生関係を維持するその他の生物への影響も懸念されます。研究内容は、科学誌「Marine Pollution Bulletin」に掲載されました。

研究成果につきましては、下記PDFをご覧ください。
press_release_Nami_Okubo

情報源: 【世界初】大久保奈弥准教授らの研究グループが、マイクロプラスチックがサンゴと褐虫藻の共生関係を阻害する研究成果を発表|大学ニュース|東京経済大学

CNN.co.jp : ハワイの日焼け止め規制法が成立、サンゴ礁に有害な成分を禁止

2018.07.04 Wed posted at 12:23 JST


ハワイの日焼け止め規制法が成立

(CNN) 米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は3日、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めを禁止する法案に署名して成立させた。2021年1月1日から施行する。こうした法律が米国で制定されるのは初めて。

法案は5月にハワイ州議会を通過していた。施行後は、紫外線カット成分のオキシベンゾンとオクチノキサートが含まれる市販の日焼け止めの販売や流通が禁止される。

法案の起草にかかわった非営利の学術団体は、オキシベンゾンやオクチノキサートについて、海水浴客の肌から流れ落ちたり排水処理施設を通じて海水に流れ込んだりして、サンゴの白化現象や遺伝子の損傷を引き起こす原因となり、やがてサンゴを死滅させるという調査結果を発表していた。

同団体の専門家クレイグ・ダウンズ氏は法案の署名に立ち会い、「幼生のサンゴにとって、オキシベンゾンは特に毒性が強い」と述べ、「日焼け止め公害の海水浴客がいれば、新しい世代が育たず、その地域のサンゴ礁は徐々に縮小する」と強調した。

ただ、同法には反対意見もある。「日焼け止めに使われている安全で効果的な2つの成分が禁止された。根拠となっているのは、そうした成分がサンゴ礁にとって有害だと主張する1つの研究結果にすぎない」。米日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)などのメーカーでつくる全米業界団体幹部のジェイ・シロイス氏はそう反発する。

同法の影響で日焼け止めの選択肢が少なくなれば、日焼け止めの使用が減り、皮膚がんのリスク増大を招きかねないと危惧する声もある。

情報源: CNN.co.jp : ハワイの日焼け止め規制法が成立、サンゴ礁に有害な成分を禁止

【木を植えて沖縄サンゴ礁を守りたい!】taniyan1734

taniyan1734【木を植えて沖縄サンゴ礁を守りたい!】10月20日に沖縄石垣島でサンゴ礁保護を目的とした植樹活動を行います。1本でも多くの木を植えることができるよう、皆さんの力を貸してください🤝500円の支援で現地にシナモンの木が1本植わります🌴現在すさまじいスピードで沖縄のサンゴが死滅しています⚠️その原因のひとつが「赤土の流出」です。過去に人がで切り開いた土地が放置された結果痩せた土地がスコールの後などに崩れ、そのまま海に流れ出てしまっています💦それが原因で、海の水が濁ったり、サンゴが窒息死したりして沿岸のサンゴ礁に深刻な影響を及ぼしています!◀︎このような痩せた土地に木を植え森に返すことで、木がしっかりと大地に根を張り、土を固定し、ちょっとやそっとの雨では崩れなくなります🌴「多くの人の気持ちがこもった木を植えることで美しい沖縄のサンゴ礁を守りたい!」是非この活動のサポーターになってください🤝

終了
500円から

沖縄の魅力が詰まったポスカードセットをプレゼントします👍&木の成長過程をFacebookで報告🙌

集まった金額
72,500 円
目標金額 100,000円

情報源: 【木を植えて沖縄サンゴ礁を守りたい!】10月20日に沖縄石垣島でサンゴ礁保護を目的とした植樹活動を行います。1本でも多くの木を植えることができるよう、皆さんの力を貸してください🤝500円の支援で現地にシナモンの木が1本植わります🌴現在すさまじいスピードで沖縄のサンゴが死滅しています⚠️その原因のひとつが「赤土の流出」です。過去に人がで切り開いた土地が放置された結果痩せた土地がスコールの後などに崩れ、そのまま海に流れ出てしまっています💦それが原因で、海の水が濁ったり、サンゴが窒息死したりして沿岸のサンゴ