【世界初】大久保奈弥准教授らの研究グループが、マイクロプラスチックがサンゴと褐虫藻の共生関係を阻害する研究成果を発表|大学ニュース|東京経済大学

[2018.07.09]

東京経済大学経済学部の大久保奈弥准教授らのグループは、海洋生態系において重要な役割を担うサンゴと褐虫藻の共生関係がマイクロプラスチックにより阻害されることを、サンゴとそのモデル生物であるイソギンチャクを用いた実験により世界で初めて発見しました。

多くのサンゴにとって、褐虫藻が体の中に共生することは生き残るための必須条件です。マイクロプラスチックが海洋生物の相互関係(共生)を阻害するという知見はこれまでになく、世界中で危機に瀕するサンゴへの被害や、また、海洋で共生関係を維持するその他の生物への影響も懸念されます。研究内容は、科学誌「Marine Pollution Bulletin」に掲載されました。

研究成果につきましては、下記PDFをご覧ください。
press_release_Nami_Okubo

情報源: 【世界初】大久保奈弥准教授らの研究グループが、マイクロプラスチックがサンゴと褐虫藻の共生関係を阻害する研究成果を発表|大学ニュース|東京経済大学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です