「中小企業のストックビジネス」小泉雅史(2019)

「中小企業の「ストックビジネス」参入バイブル」

来期に明確な自信を持てないまま日々会社を経営されている方が本当に多い

ストックビジネス参入法は大別すると2種類
ひとつは社内リソースを活用して自社事業の「ストック化」や新規事業の「立ち上げ」を行う方法
ひとつは「投資・M&A」により社外リソースを一気に獲得して低リスクで素早く参入する方法

安定収益・安定経営
収益の柱を複数つくりたい

売上継続型ビジネスは「農耕型ストックビジネス」
どこに獲物がいるかわからない狩猟とは異なり、土地から食物を計画的に生産できる安定継続型のモデル

既存顧客をしっかり維持・育成することで継続的な売り上げを得るビジネス

田畑を維持・継続するように、既存顧客に加えて新たな顧客を増やし、売り上げを積み上げていく

売上が「ストック(蓄積)する」
「顧客数×継続売上」で拡大するビジネスを「ストックビジネス」と呼ぶ

最強のストックビジネスとは、顧客の継続するニーズに対して、独占し続ける商品やサービスを、永続的に提供できるビジネス
「継続性」「独占性」「永続性」が … 重要

継続性 … 人が毎日、10年でも20年でも継続して使うようなモノ … 日用性 … 需要がなくなる可能性が低い
継続する顧客ニーズを … 独占できれば … 独占ポジションを永続できれば … 最強
「町にある唯一の橋」のようなもの

女性は自分の肌質に合ったスキンケア製品を見つけると、あまり他の製品にスイッチすることは … ない
スキンケア化粧品は、お米を販売するようなビジネスだ

ブランド(信頼)
医者と患者

バフェットはシーズンキャンデイーが持つ顧客の心を独占する「ブランド力」を最も評価した
ブランド力のおかげで顧客はその商品を長きにわたり愛し、商品と顧客の間に強い「絆(信頼)」が生まれることを知った
絆こそ … きわめてパワフルな「優位性」だ

3つのストックビジネスを構築できれば、会社は極めて安定 … する
「すべての卵をひとつのかごに盛るな」

アマゾン … 3つの強力なストックビジネス … 「ネット通販」「アマゾンプライム」「AWS」
生活用品を … 扱う … 小売業は … 規模の経済 … を活かして独占化しやすいインフラ型ストックビジネス
リピート購入が見込める日用品とネット小売業の組み合わせは、ストックビジネスに適した領域

水道の蛇口をひねると水が出てきます
AWSを利用すると … 水道のようにサーバーを使うことができる

ドクターシーラボ … 通販事業から始まり … 直営店による百貨店販売、全国の有力な小売業への卸販売 … オムニチャネル … マーケティングを展開

不動産は不滅のストックビジネス

ランチェスター戦略 … 弱者(中小企業)の戦略 … 「差別化×集中×接近戦」
武器の性能を高め … 局地戦化を図り … 一点突破する … ニッチ市場独占型のナンバーワンビジネスをつくれ

クープマンの目標値
73.9% 独占的市場シェア
41.7% 相対的安定シェア
26.1% 市場影響シェア
19.3% 並列的上位シェア
10.9% 市場的認知シェア
6.8% 市場的存在シェア

ストックビジネス … 多角化経営3戦略
① 周辺事業でニッチ独占型ストックビジネスを複数つくる
② ストックビジネスは余剰資金による投資・M&Aで増やす
③ 業績はROIC(投下資本利益率)で管理し、事業を選別する

ストックビジネス … 参入・多角化5法則
① ネットからリアルへの拡大
② IT・外部リソースを活用したシステム化・自動化・外注化
③ 償却資産と不動産の戦略活用
④ リスクを抑えた段階的な事業ポートフォリオ構築
⑤ 多角化経営システムの確立

ミスターマーケット … 株式市場は … 躁鬱的で精神が不安定な人間と酷似している
マーケットが … 強気になって高い値段で取引されているときには参加せず … 人々が総悲観となり、売り急いでいるときに果敢に投資・M&Aしていく … 市場の相場とは逆張りする姿勢が成功の秘訣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です