豪政府、新型ウイルス追跡アプリを公開 利用呼びかけ

2020年04月27日

Image copyrightEPA

オーストラリア政府は26日、新型コロナウイルスの追跡アプリ「COVIDSafe」を公開した。
公開から数時間で、100万人以上がダウンロードしている。

COVIDSafeはBluetoothを使い、ユーザー同士が1.5メートル以内に接近すると「デジタル握手」を暗号化して記録。
新型コロナウイルスの検査で陽性だったユーザーと15分以上、濃厚接触していた場合に通知が送られるシステムだ。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計(日本時間午後1時現在)によると、人口約2500万人のオーストラリアでは6714人の感染が確認され、83人が亡くなっている。

1日当たりの感染者はここ数週間で減少傾向にあり、26日には16人にとどまった。

人口の4割が使えば効果

COVIDSafeは、シンガポールで導入された同様のアプリを元にしている。

グレッグ・ハント保健相は26日夜にツイッターで
「私たち自身を、家族を、お互いを、そして何より看護師や医師を守るために」アプリをダウンロードするようにと呼びかけた。

スコット・モリソン首相は、人々がこのアプリを使えば移動制限などを緩和できるとしている。
政府によると、COVIDSafeが効果をあげるには人口の40%ほどがこのアプリをダウンロードする必要がある。

またプライバシー保護の懸念については、データはオーストラリア国内に蓄積され、
「たとえ裁判所命令があっても」、保健当局以外がこのデータにアクセスする権利はないと説明
している。

アプリでは年齢層や携帯電話の番号、郵便番号などを登録する必要がある。
一方、名前は匿名でも登録できる。

また、データは21日たった後か、アプリをスマートフォンから削除した場合に消去されるという。

26日にはクイーンズランド州と西オーストラリア州が、今週から屋外での集会を認めると発表。
一方ヴィクトリア州は引き続き厳しい制限を続けるとしている。

情報源: 豪政府、新型ウイルス追跡アプリを公開 利用呼びかけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です