北京のコロナ集団感染、100人超に WHO|AFPBB News

2020/06/16 04:09

© NOEL CELIS / AFP 中国・北京で、新型コロナウイルスの集団感染が発生した新発地市場を訪問したり、その近くに住んでいたりしたことから、検査を受けるために並ぶ人々(2020年6月14日撮影)。

【AFP=時事】中国・北京で新たに発生した新型コロナウイルスの集団感染について、世界保健機関(WHO)は15日、100人以上の感染が公式に確認されたと発表した。
WHOは、北京市内で新たな死者は確認されていないものの、都市の規模と接続性を考えると今回の集団感染は懸念材料になるとしている。
WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長はインターネットを通じた記者会見で「ウイルスの感染抑制に成功した国でも、感染が再び拡大する可能性に注意を払わなければならない」と指摘。

© NOEL CELIS / AFP 中国・北京で、新型コロナウイルスの集団感染が発生した新発地市場を訪問したり、その近くに住んでいたりしたことから、検査を受けるために並ぶ人々(2020年6月14日撮影)。

「北京では50日以上にわたり新規感染者が出ていなかったが、中国は先週、同市で新たに発生したクラスター(感染者集団)を報告した。
これまでに100人以上の感染が確認されている」と説明し、
「集団感染の起源と範囲は調査中」だと述べた。


© NOEL CELIS / AFP 中国・北京で、マスクを着けて地下鉄に乗る人々(2020年6月15日撮影)。

情報源: 北京のコロナ集団感染、100人超に WHO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です