コピーライターにお薦めの本 | 小霜和也のブログ

最近の僕の実感では、「キャッチコピーしか書けない」若い人がとにかく多い。
前回のブログでも書いたけど、商品の価値をしっかり表現し、ターゲットの気持ちにきちんと届ける「商品コピー」をどう書くか、ということがわからない。
コピーライターは、まず、チラシ、パンフレット、商品POPなど、売りの現場に最も近いところにあるコピーを書けないといけない。
マス広告のキャッチコピーは文字通り、ただの掴みでしかない。
購入というアクションにどうつなげるか、そっちのコピーを書けることこそがコピーライターの力量であって、それができないと仕事は来ないと考えておいた方がいい。

情報源: コピーライターにお薦めの本 | 小霜和也のブログ | noproblem LLC. & 小霜オフィス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です