経営者は経営学の原点を学び直してほしい | 小霜和也のブログ

さて、流れ作業工場の離職問題を解決したのはエルトン・メイヨーという学者です。
彼はまず課題を発見するために、工場の従業員たちから現状を聴き取ることにしました。
すると、解決策を講ずるまでもなく、聴き取るだけで離職する者がほとんどいなくなり、労働効率も上がったのです。
つまり「不満を聞いてくれる」、それが処方箋だったんですね。 彼は、賃金などの労働条件よりも、職場の人間関係や対話機会のあるなしが生産性を引き上げると結論づけました。

情報源: 経営者は経営学の原点を学び直してほしい | 小霜和也のブログ | noproblem LLC. & 小霜オフィス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です