コクヨ株式会社、神山まるごと高専(仮称)開校に1億円寄付|prtimes

~「未来の学び方を共に考える」パートナー契約を締結〜 
神山まるごと高専
2021年11月5日 10時00分

2023年4月開校を目指す私立高等専門学校「神山まるごと高専(仮称・設置構想中)」は、文房具やオフィス家具、事務機器を製造・販売するコクヨ株式会社(本社:大阪市)が、神山まるごと高専の開校に向けて、企業版ふるさと納税を用いた1億円の寄付を実行したことを発表します。

同社は、2021年2月に策定した「長期ビジョン CCC2030」を契機として、自らの強みを「共感共創」であると再定義し、従来のお客様起点での価値提供から一歩踏み出し、「社会課題に向き合う人々」をサポートすることで、社会課題の解決にも寄与する取組みをしています。
 
今回のパートナーシップを通して、同社の「共感共創」を活かして、学生、教師、企業、町が共創的に学び合える空間やツールを共に生み出し、未来のあるべき学びについて共に探求してまいります。

また、同社は、神山まるごと高専の学校づくりと新たな学び方の探求を通して、地方創生など社会課題の現場を体験することにより、同社の社員が社会課題解決を通じた経済価値の創出にチャレンジする機会とし、「学ぶ」領域における新規事業の創出と事業領域の拡大に繋げていきます。

同社との連携を通して、未来の社会に必要な学び方を探求してまいります。

■コクヨとのパートナーシップ
●コクヨから神山まるごと高専への提供価値:空間、ツールを共に生み出す
学生、教師、企業、町が共創的に学び合える空間やツールを共に生み出し、未来のあるべき学びについて共に探求してまいります。

●高専からコクヨが受け取る価値:コクヨ社員を社会課題解決型人材に変革する
神山まるごと高専を通じて、学生や職員、また町民と触れ合う事で、未来の社会に必要な学びや地方創生の課題を体感し、社会課題を解決する力を身に着けた社員の育成を目指します。

■企業版ふるさと納税を活用した、日本初の学校づくり
企業版ふるさと納税は、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税が最大90%税額控除される仕組みです。
本取組は、日本で初めて企業版ふるさと納税を活用した学校が設立される事例となります。

今回の企業版ふるさと納税があてがわれる設立経費の項目は以下の通りです。
・校舎予定の神山中学校の改築費用
・教具・校具の購入費用
・図書の購入費用
・開設後数年間の運転費用
・学生の奨学金
(以上)

■「神山まるごと高専」とは
神山まるごと高専は、2023年4月開校予定の私立高等専門学校です。
「奇跡の田舎」と称される徳島県神山町に設置され、神山町をまるごと、学びのフィールドに活用した、実践型教育を展開します。
学校のミッションは、「テクノロジー x デザインで、人間の未来を変える学校」。
従来の技術教育中心の高専とは異なり、ソフトウエアを中心としたテクノロジーや、UI・UX・アートなどに関連したデザイン教育。
また、起業家マインドを育成する教育を実施し、どんな社会でも、世の中を変えていける人材を育成します。

ウェブサイト: https://kamiyama-marugoto.com
公式note:http://note.com/kamiyama_kosen
公式twitter:https://twitter.com/kamiyama_kosen

※上記はあくまで予定あり、「学校法人設立並びに学校設置の認可」取得時期によって、開校を 2023 年 4 月以降に変更する場合もあります。

情報源: コクヨ株式会社が、神山まるごと高専(仮称)の開校に向けて1億円の寄付を実施|神山まるごと高専のプレスリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。