フューチャーリンクネットワークとシフトセブンコンサルティング、自治体DX加速の業務提携及び合弁会社設立基本合意締結|prtimes

2022年6月30日 15時00分
株式会社フューチャーリンクネットワーク(本社:千葉県船橋市、代表取締役:石井丈晴、以下FLN)と株式会社シフトセブンコンサルティング(本社:福岡県福岡市、代表取締役:井本憲史、以下シフトセブン)は、全国の自治体DXを加速させるための業務提携及び合弁会社設立について基本合意書を締結したことをお知らせします。
2022年8月末目途での合弁契約締結を目指して本件協議を進めていく予定です。

業務提携及び合弁会社設立の背景及び趣旨

FLNは「地域活性化を継続的かつ発展的事業の形で実現することで社会に貢献する。」を企業理念に掲げ、地域情報流通プラットフォーム「まいぷれ」を運営しています。
その運営体制をもとに、ふるさと納税の業務支援や地域ポイントのシステム提供・運用支援、防災、スマートシティ、公共不動産の民間利活用と多岐にわたる自治体向けソリューションを提供しています。

シフトセブンは2006年の創業以来、「プロセス最適化支援」を中心に、お客様の業務全体の最適化やオペレーション能力の向上に取り組み、近年は、地方自治体向けSaaSの提供を行っています。
中でも、ふるさと納税の寄附から控除、返礼品配送まで一元的に管理できるふるさと納税業務システム「ふるさと納税do」は、900以上の自治体で利用されています。

FLNは約40の地方自治体に対しふるさと納税doを活用しふるさと納税の業務支援を行い、シフトセブンに対して都度、ふるさと納税doのシステムについてのフィードバックや機能改善について対話を行うことで互恵的関係を構築してきました。

この度、業務提携及び合弁会社設立により、さらに両社の関係性を強固にし、FLNの運営力とシフトセブンの技術力で、地方自治体のふるさと納税の業務支援におけるコールセンター業務やBPO業務にイノベーションをおこします

今後の展開

新会社は千葉県富津市の旧金谷小学校を拠点とし、主に自治体に向けてソリューションを展開してまいります。(※)

ステップ1:
FLNとシフトセブンのふるさと納税の業務支援におけるコールセンターとBPO業務を段階的に集約し、FLNの運営力とシフトセブンの技術力によって、効率と品質を高め、自治体に選ばれるバックオフィスを再構築します。

ステップ2:
全国のふるさと納税の業務支援を行う事業者に対し、低価格で高品質なバックオフィスを提供し、ローカルで活躍する事業者を支援します。

ステップ3:
両社の強みを活かし、「ふるさと納税の業務支援」から「地方自治体の業務支援」へとソリューションを展開し、持続可能な地域社会と地域活性化を加速させます。

※「旧金谷小学校」は、FLNが市⺠向け無料開放と収益事業を両⽴させた20年続く事業を前提として活用を進めており、2022年3月には地域情報発信拠点として「富津金谷小オフィス」も開設しています。

■株式会社フューチャーリンクネットワーク 会社概要
代表取締役:石井丈晴
所在地:千葉県船橋市西船4-19-3 西船成島ビル
事業内容:地域情報流通事業、公共ソリューション事業、マーケティング支援事業
サイト:https://www.futurelink.co.jp/

■株式会社シフトセブンコンサルティング 会社概要
代表取締役:井本憲史
所在地:福岡県福岡市中央区赤坂1-16-5 読売九州ビル5F
事業内容:自治体向け業務改善支援サービス、ケーブルテレビ事業者向け業務改善支援サービス、ITコンサルティング、システム開発、教育サービス、アウトソーシング
サイト:https://www.shift7.jp/

情報源: フューチャーリンクネットワークとシフトセブンコンサルティング、自治体のDXを加速させる業務提携及び合弁会社設立に向けた基本合意を締結|FLNのプレスリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。