検索連動型広告のブランドへの影響調査:Inside AdWords-Japan

Media_http3bpblogspotcomgyw4qrcssyesklg4sqe6tiaaaaaaaaoxiaewyumhfog0s400dentsu2jpg_lgopbbfkchfqeea

⇒ http://adwords-ja.blogspot.com/2009/06/blog-post_30.html

米国Googleでは Enquiro と2007年12月に行った “Brand lift of Search” 調査や、2009年1月に CPG チームが実施した “Brand value of Search” 調査 (リンク先は英語です http://googleretail.blogspot.com/2009/01/brand-value-of-search.html ) などを発表しておりますが、日本 Google での調査では初めてのケース

広告主様の課題に対する一助となるべく、検索連動型広告もブランド認知、形成に役立てていただけるのではないか? という仮説を元に、株式会社電通の協力を得て、検索連動型広告のブランド価値形成への影響を調査する取り組みを開始
※本件に関する電通のプレスリリース
└ http://www.dentsu.co.jp/news/release/2009/pdf/2009041-0630.pdf