事故後6時間経ってから出されるプレスリリースには効き目はありません。

1. いつかあなたの会社も人々を驚かすようなことを「きっと」してしまう
2. ソーシャルメディアを使っているかどうかは問題ではない
3. 事故が起きてから準備するのでは遅い
4. 個人が組織化をするのは以前より容易になっている
5. Slacktivism(スラッカティヴィズム)は、いまだ注目される
Slacktivism(スラッカティヴィズム)とは、数名の人が起こす抗議活動のようなもの(日本ではいわゆる炎上や電凸など)
6. コントロールという神話
7. 間違いは危機をさらに悪化させる

ソーシャルメディア危機管理対策が必要な7つの理由 – Capote’s Connected Communications – 続・広報の視点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です