電車に乗ったらぐるなびテレビ、7月から。

初の地下鉄ワンセグ、年内に専用放送局実験

総務省が、地下鉄の駅や車両内で視聴できる全国初の「地下ワンセグ(携帯電話向け地上デジタル放送)」の
専用放送局を計画している都内の広告会社に対し、放送用電波の割り当てを検討していることが24日、明らかになった。

7月にも電波の割り当てを決める方針だ。

事業を計画しているのは、駅や電車内などの広告を手がける「NKB」(東京都千代田区)。
同じグループ内で飲食店情報サイト「ぐるなび」を運営している。

地下鉄の駅構内や周辺の地下街、運行中の車両内などで視聴できるようになる。
普段はニュースや天気予報、地域のイベント情報などを放送し、電車の遅れや地震などの災害時には関連情報を伝える。
ドラマやバラエティー番組などについても、放送を望む声が多ければ、テレビ局から提供を受けることを検討する方針だ。

(2010年4月25日03時03分  読売新聞)

初の地下鉄ワンセグ、年内に専用放送局実験 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です