ツイッターに20年間のプライバシー保護義務、米公正取引委員会

●<ミニブログ>FTC(米国連邦公正取引委員会)がツイッターに「今後20年間プライバシー違反で消費者をミスリードすることはまかりならん」と判決

これはちょっとおおきな出来事ですね
米国の公正取引委員会がツイッターに20年間のプライバシー違反に関する消費者保護義務を課すそうです
2009年に起こった二件の訴えを審査した結果です

例えば以下のような大統領のオバマさんを装って「15万人のフォロアーに対して500ドルあげる」と偽ツイートが言ってます

 

Today, the FTC settled a lengthy investigation into Twitter’s lax security practices and protection of user accounts after two high-profile hacking incidents in 2009. The first one, which occurred in January, 2009, compromised 35 high-profile accounts, including those of President Barack Obama, Bill O’Reilly, Britney Spears, the Huffington Post, and Facebook. According to the FTC:

One tweet was sent from the account of then-President-elect Barack Obama, offering his more than 150,000 followers a chance to win $500 in free gasoline.

消費者のプライバシーがハッカーから守られていない
その結果、偽オバマなどが簡単に偽の情報を振りまける
これは消費者保護に反する

と言ったところで今後20年間、同様の問題が起これば1件につき$16,000 per incidentの罰金を科すそうです

フェースブックのプライバシー問題は、こういった違反と言う話にはなっていません
その分ツイッターの方が影響は大きいかもしれません

(偽者によるミスリードのツイートの例)
foxtwitter.jpg

<引用:テッククランチ>

★★FTC Bars Twitter “For 20 Years From Misleading Consumers” About Privacy After 2009 Hacks
http://techcrunch.com/2010/06/24/ftc-twitter-privacy-settlement/

 

The FTC provides a list of security measures Twitter failed to have in place, which Twitter says were implemented subsequent to the attacks. It may sound silly to bar Twitter from “misleading consumers” for 20 years, but that is essentially the life of the order and gives the FTC the ability to fine Twitter for future security breaches to the tune of $16,000 per incident. Without this order and the settlement, the FTC does not have what is known as civil penalty authority.

日本ナレッジマネジメント学会専務理事山崎秀夫borg7of9 twitter

<ミニブログ> FTC(米国連邦公正取引委員会)がツイッターに「今後20年間プライバシー違反で消費者をミスリードすることはまかりならん」と判決: SNS,ソーシャルネットワーキング.jp