働くシニア、増える @jcast_news

「働くシニア」の比率が高まっている
総務省の「労働力調査」によると、60~64歳の就業率は10年前に比べて男性で5.5ポイント、女性で6.4ポイント上昇した

年齢別就業率で、60~64歳の男性は2000年が65.1%だったのに対して、10年は70.6%となった
女性も37.8%から44.2%に高まった

公的年金の支給開始年齢が段階的に65歳に引き上げられたため、年金受給までの期間を働く傾向にある

2010年の60~64歳の平均就業率は57%
政府はこれを2020年までに、63%に引き上げることをめざしている
一方で、若者の就職難が指摘されるなか、シニア世代が若者の就職の機会を奪っているとの見方もある

60~64歳「働くシニア」増える : J-CASTニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です