安全に問題、35年前から。福島原発 @Reuters_co_jp

[ニューヨーク15日ロイター]米ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N: 株価, 企業情報, レポート)の元社員が35年前、今回事故があった福島第1原発の「マークI型」原子炉の安全性に対する懸念が理由で、同社を退社していたことが明らかになった

GEの元社員デール・ブライデンボー氏はインタビューに応じ、同社製「マークI型」原子炉について、大規模事故による負担に耐えうるよう設計されていなかった、と指摘
「当時、公共事業各社がこの事実を十分深刻に受け止めていたとは思わない
分析が終了するまで一部の原子力発電所は閉鎖されるべきだと思っていたが、GEや公共事業各社はそれに応じるつもりはなかった
そのため私はGEを退職した」と語った

さらに、同氏が指摘した設計上の問題は確かに第1発電所に知らされおり、かなりのコストを要することも明らかになっていた、と述べた

米GE製の福島原発原子炉、安全上の問題を35年前に指摘 | 国内 | 特集 東日本大震災 | Reuters

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です