新指標、電通「ソーシャルリスニング」 @MarkeZine_jp

電通の社内組織「電通ソーシャルメディアラボ」は、ソーシャルメディア上の生活者の声を収集・分析し、企業のマーケティングプロセスに活用する、「ソーシャルリスニング」による新しい分析・ソリューション手法「Sora-lis」を開発した

「ソーシャルリスニング」とは、近年、大きな影響力をもつようになったソーシャルメディア(ブログ、リアルタイムウェブ、SNSなど)を通じて、生活者の声を「傾聴」し、企業のマーケティング戦略に活用すること
「Sora-lis」では、バズトレンド分析にとどまらず、ブランド・マーケティング戦略の視点から分析を行い、消費者の心理変容やブランドの形成状況を把握して指標化を行う

電通、「ソーシャルリスニング」で生活者意識を分析するソリューション手法を開発:MarkeZine(マーケジン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です