東大×シャープの太陽電池、変換効率75%へ。 @nikkeionline

東京大学の荒川泰彦教授らとシャープは、現在20%程度にとどまっている太陽電池の変換効率を、75%以上にできる構造をコンピューターによる解析で突き止めた
化合物半導体でできた数ナノ(ナノは10億分の1)メートルサイズの「量子ドット」を敷き詰めた面を何層も重ねる
25日付の米物理学会の論文誌「アプライド・フィジクス・レターズ」に発表する

考案した太陽電池は量子ドットを敷き詰めた面を積層して厚さを数~10マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルにし、両面に電極を取り付ける
量子ドットの配置を最適化することで従来の太陽電池では素通りする赤外光も電気に変えることができ、変換効率を大幅に引き上げることが可能になるという

太陽電池の変換効率75%に 東大とシャープが構造解明  :日本経済新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です