飯館村「住めない」、京大・今中哲二助教が報告。 @doshinweb

福島第1原発事故による放射能汚染を独自に調査した京大原子炉実験所の今中哲二4 件助教らによる報告会が13日、国会内で開かれた
今中氏は、同原発から北西に25~45キロに位置する飯館村の一部について「人が住むのに適したレベルではない」と指摘、汚染の深刻な状況を訴えた

今中氏は、3月28、29の両日、飯館村の130地点で空気中や土壌で放射線量を測定
原発から遠い同村北部の空気中の放射線量は1時間当たり3~4マイクロシーベルトだったのに対し、原発に近い南部に行くと20マイクロシーベルト程度に上がったことを説明した

同村曲田地区の土壌からはセシウム137を1平方メートル当たり2200キロベクレル検出し、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故による強制移住基準1480キロベクレルを超えた

3カ月居続けた積算被ばく量は100ミリシーベルトに達するといい、「原子力安全委員会の防災指針で『避難』とされる50ミリシーベルトを超える」と危険性を述べた

また、専門家の多くが「直ちに健康に影響はない」と安全性を強調していることについて「直ちに影響がないのは急性障害で、問題なのは(障害が後年に出る)晩発性のがん、白血病、遺伝的影響だ」と批判した

報告会は、国際環境非政府組織(NGO)の「FoEJapan」などが主催した

飯館村「人が住めるレベルではない」 京大助教らが現地調査-北海道新聞[道外]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です