「コナミは、本業界の秩序ある発展につながることを願っております」またしてもGMS! http://goo.gl/a85yw

2011年9月5日

株式会社コナミデジタルエンタテインメント

株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、コナミという)は、2011年9月5日、株式会社GMS(現 株式会社gloops)に対し、コナミの知的財産権の侵害に対する差止および損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起しました

コナミが2011年3月から配信を開始したソーシャルゲーム「プロ野球ドリームナイン」は、早期に登録者数100万人突破を達成し、配信先交流サイトのランキングで上位に入るなど、多くのお客さまからご支持をいただいています

株式会社GMS(現 株式会社gloops)が2011年8月18日に配信開始したソーシャルゲーム「大熱狂!!プロ野球カード」が、「プロ野球ドリームナイン」のゲームシステム、画像・演出に関するコナミの知的財産権を侵害するものと捉えており、コナミは株式会社GMS(現 株式会社gloops)に警告を行ってきましたが、侵害行為が停止されなかったため、過去の侵害に対する責任を追及するとともに、将来の侵害の停止を目的として、提訴するにいたりました

コナミは、本業界の秩序ある発展につながることを願っております


–>

  • 公式サイト
  • –>

    ©

    –>

    以上

    株式会社GMS(現 株式会社gloops)に対する訴訟提起について

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です