WEIBOのCM、日本が下請け。 @advertimes

中国最大手のポータルサイト「新浪(SINA)」が運営する中国版ツイッター「新浪微博(WEIBO)」が9月26日から中国国内で放映しているCMに、日本のアニメーション制作技術が使われている

CMは、同社が契約する中国の人気テニス選手「李娜(LINA)」を主人公に、実写とアニメーションを織り交ぜて展開される
試合前のロッカールームで携帯電話を見る実写の李娜選手が、アニメーションの中で未来都市の女性戦士となり、微博のユーザーの力を借りながら、モンスターと戦うストーリーだ

李娜選手は今年6月全仏オープンで優勝し、国内でスター選手の地位を確立
また個人の強い意志を持った女性として、その生き方に憧れを持つ層が増えている
本CMの内容には、そうした李娜選手のイメージが反映されている

微博は現在中国国内で約1億5000万人の登録会員を抱えており、本CMは、都市部の若者層を主なターゲットにさらなる会員数拡大を目的に制作された
中国国内の主要な動画サイトを中心に放映中で、今回日本で制作のトータルディレクションを行ったダイヤモンドエージェンシー(東京・港)によると、今後本CMと連動した李娜選手のファン交流イベントなども企画しているという

中国版ツイッターのCMに日本のアニメ技術 | AdverTimes(アドタイ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です