「最終号の裏表紙は朝早い田舎道の写真だったのですが、写真の下には “Stay hungry, Stay foolish.” と書かれていたのです」 @unafugu

STAY HUNGRY, STAY FOOLISH.

  • 私が若い頃 “The Whole Earth Catalogue 全地球カタログ” というすごい出版物があって、私と同じ世代ではバイブルのように扱われていました
    それはステュアート・ブランドという人が、ここからそれほど遠くないメンローパークで制作したもので、彼の詩的なタッチで彩られていました
    1960年代の終わり頃はパソコンもDTPもない時代ですから、全てタイプライターとハサミとポラロイドカメラで作られていました
    それはまるでグーグルのペーパーバック版のようなもので、グーグルが35年遡って登場したかのような理想的な本で、すごいツールと壮大な概念に溢れかえっていました
  • スチュアートと彼のチームは ”The Whole Earth Catalogue” を何度か発行しましたが、ひと通りの内容を網羅した時点で最終号を出しました
    それは1970年代半ばで、私がちょうど君たちの年代だった頃です
    最終号の裏表紙は、朝早い田舎道の写真だったのですが、それはヒッチハイクの経験があればどこか見たことある光景でした
    写真の下には “Stay hungry, Stay foolish.” という言葉が書かれていたのです
     Stay hungry, Stay foolish. それが、発行者の最後の言葉だったのです
    それ以来、私は常に自分自身そうありたいと願ってきました
    そしていま、卒業して新しい人生を踏み出す君たちに、同じことを願います
  • Stay hungry, Stay foolish. 貪欲であれ、愚直であれ
  • ご清聴ありがとうございました
    (翻訳:小野晃司)

wholeearth1

スティーブ・ジョブズの感動スピーチ(翻訳)字幕動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です